【SS】千歌「ダイヤちゃん勝負だよ!」ダイヤ「また?」【ラブライブ!サンシャイン!!】


fd



chikadai.jpg

1: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:45:42.54 ID:pMhO7u1g

初期設定2年生がわちゃわちゃしてるだけの短編集的なもの
他の学年の子は名前くらいしか出てきません

2: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:47:03.50 ID:pMhO7u1g

#勝負

千歌「勝負だよ勝負!」

ダイヤ「別に良いけど、今度はまともな勝負なのでしょうね?」

千歌「まとも?」

ダイヤ「この間はみかんの早剥き対決、その前はみかん積み重ね対決」

ダイヤ「もっと前は利きみかん対決なんてのもあったけど」

ダイヤ「来る日も来る日もみかんみかんみかん」

ダイヤ「千歌ちゃんに有利な勝負ばかりじゃない」

ダイヤ「少しはわたくしに勝ち目のある勝負を……」

千歌「今日は見ただけでみかんを美味しい順に並べる勝負だよ!」

ダイヤ「話聞いてた?」

3: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:48:33.72 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「というか何?みかんを美味しい順に並べる?見ただけで?」

千歌「うん!」

ダイヤ「そんな奇っ怪な勝負聞いたこともないのだけど」

千歌「昨日ね、イチゴを見ただけで美味しい順に並べるのが特技です!」

千歌「って人が実際にやってるのをテレビで見てね、チカもみかんで出来るんじゃないかなぁって」

ダイヤ「そんなものにわたくしを巻き込まないでくれる?」

千歌「まぁまぁ、とりあえずやるだけやってみようよ」

ダイヤ「全く、仕方ないわね……」

千歌「わーい!」

4: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:49:55.04 ID:pMhO7u1g

千歌「というわけで、ここに5個のみかんを用意しました」

ダイヤ「剥いてる状態じゃないのね」

千歌「これを見ただけで美味しい順に並べ替えてもらいます!」

ダイヤ「わたくしには全部同じみかんにしか見えないのだけど」

千歌「見た目は同じでも、味が同じなみかんなんて無いんだよ!」

ダイヤ「本当かしら?」

千歌「それじゃスタートだよ!」

5: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:51:49.84 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「はぁ……こんなの分かるわけないじゃない」

ダイヤ「……でもよく見たら1番左のみかんは少し皮が萎びてるわね」

ダイヤ「1番右のは皮が乾燥してるし、この2つは後ろの方かしら……」

ダイヤ「いえ、みかんは結局剥いてみないと状態が分からないもの」

ダイヤ「皮の状態だけで考えるのは早計ね」

ダイヤ「そう考えると意外と奥が深い……」

千歌「出来た!」

ダイヤ「なっ……流石千歌ちゃんね」

千歌「ふっふーん、チカくらいのみかん好きにかかれば朝飯前なのだ」

6: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:54:01.45 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「ふむ……それではわたくしはこの順番にしましょう」

千歌「おぉ!ダイヤちゃんも良いとこ突いてくるねぇ」

ダイヤ「その根拠が全く分からないのだけど……それで、判定はどうするの?」

千歌「う~ん、昨日のテレビだとセルフで判定してたけど……」

ダイヤ「セルフ判定じゃ勝負付かないでしょう」

千歌「やっぱりここは審査員に判定してもらおう!」

千歌「ってことで審査員に来てもらいました!」

梨子「あはは……」

ダイヤ「ごめんなさいね、梨子ちゃん。巻き込んでしまって」

梨子「ううん、気にしないで」

千歌「本当はよっちゃんにもお願いしたんだけど」

善子「私にみかんを食べさせようとするなんて嫌がらせでしょ」

千歌「ということなので梨子ちゃんに判定してもらいまーす」

7: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:55:58.38 ID:pMhO7u1g

梨子「順番に食べていけば良いの?」

千歌「うん!美味しい順になってるか判定してね」

梨子「じゃあ千歌ちゃんの方から食べてくね。先ずは1個目……」ムキムキ

梨子「はむっ……うん、美味しい♪」

梨子「次は2個目……もぐもぐ……美味しい♪」

千歌「り、梨子ちゃん?」

梨子「最後5個目……美味しい♪」

千歌「お、美味しいのは分かったけどさ、ちゃんと美味しい順になってた?」

梨子「う~ん……う~ん???」

千歌「梨子ちゃ~~~ん」

8: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:57:08.01 ID:pMhO7u1g

梨子「ご、ごめんね千歌ちゃん。でもどれも美味しくて順番なんて付けられないよ」

千歌「それじゃ意味ないよ~!」

ダイヤ「それで、どうするの?」

千歌「むむむ、こうなったらチカがダイヤちゃんの審査をするね!」

千歌「それでちゃんと美味しい順になってたらダイヤちゃんの勝ちで良いよ!」

ダイヤ「ちゃんと公正な判定をしてくれるのかしら?」

千歌「するよ!」

ダイヤ「本当に?」

千歌「みかんに誓って!」

ダイヤ「嘘じゃないわね?」

千歌「チカ……みかんにだけは嘘をつきたくないもん」

善子(良いこと言ってるようで凄いアホっぽいわね)

9: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 12:58:41.39 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「はぁ。そこまで言うなら千歌ちゃんを信じるわ」

千歌「わーい!」

千歌「では早速、1個目から……はむっ」

千歌「もぐもぐ……う~ん美味しい~♪」

千歌「続いて2個目を……はむっ」

千歌「もぐもぐ……美味しい♪」

千歌「次は3個目……はむはむっ」

千歌「くぅ~~~美味し」

ダイヤ「待って。そのパターンはさっき見たわよ」

千歌「んぐっ」

ダイヤ「本当に審査する気あるの?」

千歌「ごめんごめん。ついみかんが美味しくって」

10: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:00:07.30 ID:pMhO7u1g

千歌「でも1個目より2個目、2個目より3個目が美味しかったのは確かだよ」

ダイヤ「何が基準なのか全く分からないのだけれど」

千歌「次は4個目だね。はむっ……うんうん」

千歌「やるねダイヤちゃん、ここまでパーフェクトだよ」

ダイヤ「そう」

千歌「無関心すぎない?」

ダイヤ「気のせいよ」

千歌「勝負なんだからもうちょっと盛り上がってくれても良いのにー」ブーブー

千歌「まぁ良いや。いよいよ最後の1個だよ」

千歌「これが今まで食べた4つよりも美味しかったらダイヤちゃんの勝ちだね」

ダイヤ「えぇ。楽しみね」

11: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:01:31.60 ID:pMhO7u1g

千歌「じゃあ……いただきます!」

千歌「……もぐもぐ」

千歌「……うっ!」

ダイヤ「千歌ちゃん?」

千歌「うっ……うぅ……!」

ダイヤ「大丈夫?お腹痛いの?」

千歌「違うよ……」

ダイヤ「じゃあ一体……」

千歌「美味しいの……」

ダイヤ「えっ?」

千歌「最後のみかんが……1番美味しいの……」

ダイヤ「ということは……」

12: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:02:11.13 ID:MNNs3gwP

G’sダイヤすこ

13: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:02:51.27 ID:pMhO7u1g

千歌「チカの完敗だよ……」

ダイヤ「そ、そう……」

千歌「みかん女王の称号は今日限りでダイヤちゃんの物だね……」

ダイヤ「そんなものまで懸けてたなんて初耳なのだけれど」

千歌「うぅ~~~悔しいよ~~~!」

千歌「まさかみかんの勝負でダイヤちゃんに負けるなんて~~~!」

千歌「これじゃもうプロフィールに好きな食べ物みかん!って書けないよぉ」ジタバタ

善子「勝手に勝負挑んだのに負けたからって駄々こねてるんじゃないわよ……」

梨子「千歌ちゃん、制服汚れちゃうよ?」

ダイヤ「はぁ……仕方のない子ね」

ダイヤ「千歌ちゃん」

千歌「……なにさ」

ダイヤ「この勝負、引き分けよ」

千歌「ふぇ?」

14: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:04:00.73 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「だってわたくしは千歌ちゃんのみかんを判定してないもの」

千歌「でもそれは梨子ちゃんが全部食べちゃったからで」

ダイヤ「仮にわたくしが判定してても梨子ちゃんみたいになってたわよ」

千歌「でも、ダイヤちゃんの目利きは完璧だったし……」

ダイヤ「だからこの勝負は一旦お預けにしましょう」

千歌「えっ?」

ダイヤ「またいつか、然るべき時にみかん勝負をして、その時に決着を付けるのよ」

ダイヤ「それまでみかん女王の称号は預かっておいてあげるわ」

ダイヤ「それとも、千歌ちゃんはもう勝てる自信が無いのかしら?」

千歌「つ、次は勝つもん!チカがみかん女王だもん!」

ダイヤ「ふふっ。その意気よ」

15: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:05:51.87 ID:pMhO7u1g

善子「何だかんだダイヤちゃん乗り気じゃない」

梨子「ダイヤちゃん負けず嫌いだもんね」

善子「白黒はっきりしないのも好きじゃない」

梨子「正反対のように見えて、実は気が合う2人だよね」

善子「言えてる」

梨子「う~ん、何かあの2人見てたら私も挑戦したくなってきたなぁ」

善子「えー嘘でしょ?」

梨子「よっちゃんも挑戦してみる?みかん女王の称号目指して」

善子「ヨハネの中では世界で1番いらない称号なんだけど」

千歌「あ!今みかんの悪口言ったでしょ!」

善子「言ってないわよ!何なのよみかんの悪口って!」

16: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:06:29.37 ID:pMhO7u1g

#怒られちゃう!

千歌「……」

善子「……」

千歌「どうしよう、よっちゃん」

善子「ヨハネに聞かないでよ……」

千歌「何でこんなことになっちゃったんだろ……」

17: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:07:45.16 ID:pMhO7u1g

~遡ること数分前~

千歌「梨子ちゃん遅いね」

善子「職員室に用事があるって言ったきり帰ってこないわね」

千歌「ダイヤちゃんは生徒会室に行っちゃったし……」

善子「先に帰る?」

千歌「んー、もう少し待とう!」

善子「千歌ちゃんならそう言うと思ったわよ……おっ」

千歌「どうしたの?」

善子「誰の忘れ物か、カラーボールが」

千歌「ほほ~、よっちゃん良いもの見つけてくれたね」

18: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:08:50.84 ID:pMhO7u1g

千歌「さぁ~4番高海選手!ばったーぼっくすに入りました!」

善子「ねぇ、本当にやるの?」

千歌「ふっふっふっ、こう見えてチカはソフトボールが得意なんだよ!」

善子「ヨハネが持ってるのカラーボールだし千歌ちゃんが握ってるの箒じゃない!」

千歌「似たようなもんだって~」

千歌「それより、よっちゃんはもしかしてチカに打たれるのが怖いのかな~?」

善子「むっ、そんなわけないでしょ。見せてあげるわ、ヨハネの魔球を!」

千歌「おぉ!よっちゃんが言うとそれっぽい!」

善子「っぽいじゃなくて本物なんだから!てぃ!」シュッ

善子(あっ、すっぽ抜けた)

千歌(あわわ、危険球じゃん!……ふぁ)

千歌「っくしょぉぉぉん!」ブゥン

パコーン

ガシャン!!

ちかよし「へっ?」

19: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:10:12.67 ID:pMhO7u1g

善子「何でくしゃみしながら打っちゃうわけ!?」

千歌「それを言ったらよっちゃんだって危険球投げないでよ!」

善子「……止めましょう、そしたらそもそもこんな遊びを始めた事が諸悪の根源になるわ」

千歌「そうだね……それよりも」

善子「千歌ちゃんの打ったボールが直撃して、そのまま床に落ちて粉々になったこれの処遇を考えましょう」

千歌「この粉々になった花瓶、梨子ちゃんが持ってきたやつだよね……」

善子「そうね、梨子ちゃん毎朝水を替えてたわね」

千歌「お花も、落ちた衝撃なのか……ぐでんとしちゃってるね」

善子「梨子ちゃんがこれを見たら……」

千歌「きっと悲しむ……」

善子「そしてそれを見たダイヤちゃんに」

千歌「絶対に叱られる……」

ちかよし「どうしよぉ!」

20: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:10:46.35 ID:pMhO7u1g

千歌「と、とにかく先ずはこの花瓶をどうにかしないと!」

善子「どうにかって、今から新しいの買いに行ってる時間は無いでしょ?」

千歌「うちにある花瓶をダッシュで取ってくるからそれで今日は凌ごう!」

善子「そ、それが良いわね。お花はバケツに水汲んで避難させるとして……」

千歌「花瓶の残骸もチカが家に持って帰るから……あとは」

善子「梨子ちゃんをどうするかね……」

梨子「えっと、呼んだ?」

ちかよし「ひゃぁぁぁ!梨子ちゃん!」

21: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:11:52.87 ID:Ev0Z44ch

負けたならみかん大使の職も譲らないと・・・

22: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:12:51.76 ID:pMhO7u1g

梨子「ど、どうしたの2人とも?」

善子「あ、あ~そうだ!梨子ちゃん、今から時間あるかしら?」

梨子「え、えぇ?」

善子「梨子ちゃんのピアノが聴きたくなっちゃったなぁ、なんて」チラッ

善子(ヨハネが時間を稼ぐから今のうちに!)

千歌(よっちゃん……!)

梨子「別に良いけど……明日じゃ駄目なの?」

善子「ほら、明日には気が変わっちゃうかもしれないし……さぁさぁ!」

梨子「あぁちょっと!」

千歌「……よっちゃんの犠牲は無駄にしないよ」

23: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:13:37.59 ID:pMhO7u1g

~数十分後~

千歌「はぁ……!はぁ……!」

千歌「思ってたよりもすぐに使ってない花瓶見つかったから良かったけど」

千歌「家と学校の往復ダッシュはやっぱりキツいよぉ……」

千歌「とにかく早く教室に……!」

ダイヤ「あら、千歌ちゃん」

千歌「だだだ、ダイヤちゃん?」

ダイヤ「そんなに急いで、どうしたの?」

千歌「え、えぇっと……」

ダイヤ「教室に行くのでしょう?わたくしも教室に用事があるので、一緒に行きましょう」

千歌「あ、うん」

千歌(うぅ……嫌な予感しかしないよ……)

24: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:16:44.63 ID:pMhO7u1g

・教室

梨子「あっ」

善子「千歌ちゃん!」

千歌「ほらやっぱりぃ……」

梨子「千歌ちゃん」

千歌「はい……」

梨子「よっちゃんに、全部聞いたよ?」

千歌「うぅ……その……」

千歌「ご、ごめんなさ――」

梨子「怪我は無かった?」

千歌「うぇぇ!?」

梨子「花瓶の破片、素手で拾ったりしたんでしょ?」

千歌「う、うん」

梨子「もう、危ないことはしちゃ駄目だよ?」

千歌「あの、怒らないの?」

梨子「えっ?」

25: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:18:38.45 ID:pMhO7u1g

千歌「だって、梨子ちゃんの花瓶割っちゃったし」

善子「そうよ、それにお花だって……」

梨子「……確かに、ちょっと悲しいなとは思ったけど」

ちかよし「……」シュン

梨子「それより、2人に怪我があった方が……もっと悲しいから」

ちかよし「梨子ちゃ~~~~ん!」ブワッ

千歌「ごめんなざ~~~い!」

善子「花瓶も後で絶対弁償するから~~~!」

梨子「も、もう!あと花瓶は家で使ってなかったやつだから別に……」

善子「え、そうなの?」

千歌「でもお花は……」

ダイヤ「お花って……このバケツに入ってるものかしら?」

26: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:19:02.15 ID:40fOJmnG

Aqoursの初期設定可愛くて好き

27: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:20:00.33 ID:pMhO7u1g

千歌「ダイヤちゃん?」

善子「そうよ。見るからにぐでんとなっちゃって」

善子「きっと床に落ちた衝撃で天寿を全うしてしまったんだわ」

梨子「そんな大袈裟な」

ダイヤ「……これくらいなら」

善子「ダイヤちゃん?」

ダイヤ「セロハンテープと、新聞紙とハサミを用意してくれる?」

千歌「良いけど……どうするの?」

ダイヤ「まだ手の施しようがあるということよ」

28: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:20:26.88 ID:7mWO14JI

初期設定二年生のSSは貴重だからめちゃくちゃたすかる

29: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:21:25.91 ID:pMhO7u1g

~翌日~

千歌「す、凄い!」

善子「ぐでんとなってたお花がシャキッてなってる!」

善子「さてはダイヤちゃん、魔法使いね!?」

ダイヤ「魔法でも何でもないわ」

ダイヤ「水揚げと言って、お花を長く楽しむ為の手法なの」

梨子「そっか、ダイヤちゃん習い事でお花もやってたんだっけ」

ダイヤ「完全に折れてたら、諦めるしか無かったのだけれどね」

千歌「でもこれでチカも心のつっかえみたいなのが無くなったよ~」ホッ

善子「千歌ちゃんに同意ね」ホッ

ダイヤ「あら?何をそんなに安心してるのかしら?」

ちかよし「えっ?」

30: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:22:13.99 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「教室の中でボール遊びをして、花瓶を割ってしまったのよ?」

ダイヤ「それ相応の反省はしてもらわないと、ね?」

千歌「えぇと、何をすれば良いのでしょうか……」

ダイヤ「そうね、反省文でも書いてもらおうかしら」

善子「は、反省文……!」

ダイヤ「そしてそれを次のホームルームで読んでもらうの」

千歌「い、嫌すぎる……!」

善子「悪魔よ!ここにヨハネに負けず劣らずの悪魔が居るわ!」

ダイヤ「ふふふ……ホームルームじゃなくて、全校集会にしようかしら」

ちかよし「ごごご、ごめんなさ~~~い!」

梨子「あはは……」

31: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:23:37.93 ID:pMhO7u1g

#体育祭

千歌「今年もこの季節がやってきたねよっちゃん」

善子「ヨハネは千歌ちゃん程燃え上がらないんだけど」

千歌「えーなんでー?体育祭だよ体育祭!」

善子「今どき体育祭で盛り上がるなんて千歌ちゃんくらいよ」

ダイヤ「そんなことないわよ」

千歌「ダイヤちゃん!」

ダイヤ「体育祭と言えども勝負は勝負」

ダイヤ「表に出すか出さないかの違いはあるけれど、みんなそういう気持ちは持っているはずよ」

善子(あーダイヤちゃんはそういう所あったわね)

ダイヤ「とは言え、勝ち負けに拘りすぎるのもよろしくないわ」

ダイヤ「先ずは楽しむことが大事よ、梨子ちゃん」

梨子「は、はい!」ガチガチ

32: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:24:43.42 ID:pMhO7u1g

千歌「大丈夫?梨子ちゃん」

梨子「う、うん!ちょっと緊張で……」

梨子「それに、みんなの足を引っ張ったらと思うと……」

善子「もー、取って食われるわけじゃないんだから」

千歌「そうだよ!よっちゃんなんて去年の体育祭で」

善子「わーわー!それは言っちゃダメェ!」

梨子(なんだろう、気になるな)

ダイヤ「とにかく楽しんで、そして怪我のないように」

ダイヤ「結果は後から付いてくるものよ」

梨子「うん!頑張ります!」

33: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:26:33.88 ID:pMhO7u1g

・借り物競走

千歌「おっ!梨子ちゃんがお題の紙引いた!」

ダイヤ「さて、何が出るやら」

善子「簡単なお題だと良いわねーってあれ?」

善子「応援席に向かってくるわよ」

千歌「ほんとだー」

ダイヤ「もしかして、わたくしたちに関するお題なのかしら」

善子「その可能性はあるわね」

梨子「はぁ……はぁ……」

千歌「おかえりー梨子ちゃん」

梨子「えぇと……」チラッ

千歌「?」

梨子「う~ん……」チラッ

ダイヤ「どうしたの?」

梨子「むむむ~」チラッ

善子「何か品定めされてるみたいね」

梨子「んん~~~みんな来てください!」

ちかダイよし「えぇっ!?」

34: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:28:10.41 ID:pMhO7u1g

~ゴール後~

先生「あのねぇ、こういうのは大抵1人を連れてくるものなんだけど」

梨子「ご、ごめんなさい!」

千歌「一体どんなお題だったの?」

先生「これよ」

梨子「あぁっ!」

【1番の友達】

千歌「ほほぉ」

善子「なるほどね」

ダイヤ「梨子ちゃんらしいわ」

梨子「だって誰か1人なんて決められないよ……」

千歌「このぉ、梨子ちゃんこのこのぉ」

善子「もう、梨子ちゃんはワガママね~」ニヤニヤ

ダイヤ「ふふっ、今日はいっぱいナデナデしてあげるわ」ナデナデ

梨子「あうぅ///」

先生「もう好きにしてくれ」

35: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:29:44.19 ID:pMhO7u1g

・騎馬戦

梨子「次は騎馬戦だね」

善子「そういえば騎馬戦はダイヤちゃんが出るんだっけ、大丈夫かしら」

梨子「ダイヤちゃん体重軽いし騎手役だよね、心配だね」

千歌「でもダイヤちゃん凄い練習の時から燃えてたよ」

善子「え~?ダイヤちゃんが騎馬戦って全くイメージないんだけど」

千歌「んん~チカも練習をちょこっと見ただけなんだけど」

千歌「多分2人のイメージしてるものとは違うんじゃないかなぁ」

よしりこ「?」

ダイヤ「東の陣形崩れてるわよ!」

ダイヤ「西側は1m前方へ!」

ダイヤ「常に数滴有利になるように相手を追い込んで!」

千歌「ほら」

よしりこ「」

36: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:30:56.42 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「残すは敵の大将のみね」

ダイヤ「残った騎馬で囲めばこっちのものよ!」

ワァァァァァ!

千歌「おぉ!凄い!ダイヤちゃんの騎馬一歩も動かずに勝っちゃった」

善子「完全に軍師じゃない」

梨子「騎馬戦ってこういう競技だったかなぁ」

ダイヤ「ふふふっ、黒澤家に相応しいのは常に勝利のみよ」

善子「戦国時代の口上みたいに聞こえるわね……」

梨子「確かに」

37: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:32:27.33 ID:pMhO7u1g

・障害物競走

千歌「障害物競走はよっちゃんの出番だね」

梨子「大丈夫かなぁよっちゃん」

ダイヤ「障害物競走は単純な足の速さだけで決まらないから大丈夫よ」

梨子「あ、そうじゃなくて」

千歌「梨子ちゃんはよっちゃん持ち前の不運が発動しないか心配してるんだよね」

梨子「うん」

ダイヤ「確かに、障害物の何かしらのアクシデントに巻き込まれるかも……」

千歌「あっ!でも順調に障害物をクリアしてるよ!」

梨子「本当だ!しかもトップ!」

ダイヤ「順調すぎるのが逆に怖いわね……」

善子「ふふん、ヨハネにかかればこれしきのトラップ造作もないのよ!」

善子「さぁ最後のトラップは何かしら?」

善子「って、なんでみかんなのよ!」

梨子「最後は竿にぶら下がってるみかんを咥えるやつだね」

ダイヤ「あの子ゴール出来ないんじゃない?」

38: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:34:30.85 ID:pMhO7u1g

善子「こういうのは大体パンって相場が決まってるでしょ!」

善子「あぁ、そうこう言ってるうちに追いつかれちゃった……」

善子(このみかんを咥えなきゃ、1位どころかゴールも出来ない……)

善子「……えぇい!ままよ!」

梨子「よっちゃんが跳んだ!」

ダイヤ「まさかみかんを……!?」

千歌「ぱくっ!」

善子「はぁ!?」

梨子「ち、千歌ちゃん!?」

千歌「う~ん、美味しい♪」モグモグ

善子「な、何いきなり横から現れてみかん食べてるのよ!」

千歌「ふぇ?だってよっちゃんみかん食べれないでしょ?」

千歌「だからチカが代わりに食べてあげたのだ!」

善子「千歌ちゃん……いや、それみかん食べたかったのが主な理由よね?」

千歌「あ、バレた?あははっ」

善子「全くもー」

千歌「さっ、それより一緒にゴールしよ?」

善子「はいはい」

ダイヤ「何やってるのよ千歌ちゃんは……」

39: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:36:00.17 ID:pMhO7u1g

・徒競走

ダイヤ「次は徒競走で、千歌ちゃんが出るけど……」

善子「大丈夫なの?あんなにぱくぱくお昼のお弁当食べた後で」

梨子「千歌ちゃんは大丈夫って言ってたけど……」

善子「大丈夫じゃない人って大抵大丈夫って言うのよ」

パァン!

ダイヤ「スタートしたわよ」

千歌「ひぃ……はぁ……」

千歌「お、お昼食べ過ぎた……!」

善子「あぁもう、言わんこっちゃない」

梨子「見るからに身体が重そう……」

善子「ど、どうするのよ!」

ダイヤ「はぁ、仕方ないわね」

梨子「ダイヤちゃん?」

ダイヤ「千歌ちゃーん!1位になったらみかん食べ放題よー!」

千歌「みかん……食べ放題!」

40: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:37:53.63 ID:pMhO7u1g

千歌「うおおおおおおおお!」

善子「す、凄い!さっきまでとは別人みたいな速さよ!」

梨子「見る見る順位が上がってく……」

千歌「うおおおお!1位いいいい!」

梨子「千歌ちゃん1位だ!」

ダイヤ「全く、世話が焼けるんだから」

善子「ダイヤちゃんの檄のお陰ね」

千歌「ダイヤちゃん!ダイヤちゃん!」

ダイヤ「千歌ちゃん、1位おめでとう」

千歌「えへへ。それより、1位になったよ!みかんは!?」

ダイヤ「無いわよそんなの」

千歌「えぇっ!?でも食べ放題だって」

ダイヤ「大体千歌ちゃん、毎日みかん食べ放題みたいなものじゃない」

千歌「そんなぁ!」ガーン

41: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:38:43.09 ID:40fOJmnG

この時空も見たかった

42: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:40:26.38 ID:pMhO7u1g

千歌「いやー!楽しかったー!」

善子「元気ねぇ。ヨハネは身体中バキバキよ」

ダイヤ「でも、去年よりは動けたでしょう?」

善子「確かにね。スクールアイドルの練習の成果がこんな所で出てくるとは」

千歌「梨子ちゃんは初めての浦女の体育祭だったけど、どうだった?」

梨子「うん、楽しかったよ」

ダイヤ「本当?都会の体育祭と比べて地味だったんじゃないかしら」

善子「体育祭に地味も派手も無い気がするけど」

梨子「あははっ。東京の体育祭もこんな感じだったよ」

ダイヤ「そんなものなのかしらね」

千歌「そうだ!この後はチカの家で打ち上げしよーよ!」

善子「打ち上げね、まぁ良いんじゃない?」

梨子「そうだね。ダイヤちゃんは?」

ダイヤ「断っても無駄でしょうし、参加するわ」

千歌「よーし!朝まで語り尽くすぞー!」

43: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:41:14.83 ID:pMhO7u1g

#妹になりたい

~お昼休み~

千歌「あれ、ダイヤちゃんどこ行ってたの?」

ダイヤ「ちょっとルビィのところにね」

梨子「ルビィちゃん、どうかしたの?」

ダイヤ「あの子ったら、朝寝坊したせいでお弁当持ってくるの忘れたのよ」

善子「あー、ルビィらしいわね」

千歌「それじゃルビィちゃんは今日お昼抜き?うわ~かわいそう」

ダイヤ「大丈夫よ、家の者に持ってきてもらったから」

千歌「なるほどねぇ」

ダイヤ「全く、ルビィの寝坊癖にも困ったものね」

44: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:44:23.13 ID:pMhO7u1g

千歌「じゃあそんな妹思いのダイヤちゃんに、チカのみかんをプレゼント~」

善子「なら私は食後のチョコレートを」

梨子「私はゆで卵あげるね」

ダイヤ「別に妹思いでも何でもないわよ……でもありがとう」

千歌「それにしても良いなぁ、ルビィちゃん」

ダイヤ「どうして?」

千歌「こんなに優しいお姉ちゃんがいるなんて」

ダイヤ「そんなことないわよ。あの子は口うるさい姉としか思ってないわ」

ダイヤ「それに、千歌ちゃんだってお姉さんはいるでしょう?」

千歌「そうだけど、ほら。チカの場合は歳が離れてるからさ」

千歌「同じ学校に頼りになるお姉ちゃんがいるのって羨ましいんだよね」

千歌「梨子ちゃんとよっちゃんはどう?」

45: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:44:59.01 ID:pMhO7u1g

梨子「う~ん、私は一人っ子だから……でもお姉ちゃん自体には憧れるかな」

善子「私は別にどっちでも……あぁでも姉妹で堕天活動が出来たら面白そうね」

千歌「ほうほう、2人はお姉ちゃんが欲しいと……」

善子「欲しいとまでは言ってないけど」

千歌「チカも同じ学校に一緒に通うお姉ちゃんがいたらなぁって……」

千歌「となると……」チラッ

ダイヤ「何だか、嫌な予感が」

千歌「ダイヤ……お姉ちゃん♪」

ダイヤ「やっぱり……」

46: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:46:41.70 ID:pMhO7u1g

梨子「ダイヤ……」

善子「お姉ちゃん?」

千歌「チカたちもダイヤちゃんの妹になろう!」

ダイヤ「頭痛がしてきたわ……」

善子「何それ、面白そう!」

梨子「え、えぇ~?」

千歌「ほらほら梨子ちゃんも」

梨子「え、えぇっと……。ダイヤ……お姉ちゃん///」

ダイヤ「梨子ちゃんまで……」

47: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:48:50.60 ID:pMhO7u1g

千歌「ダイヤお姉ちゃ~ん、チカたちを妹にしてよ~」

ダイヤ「お断りよ」

善子「えぇ~なんでよ~!」

ダイヤ「手のかかる妹なんて、ルビィ1人で十分だもの」

ダイヤ「あぁでも」

千歌「でも?」

ダイヤ「梨子ちゃんだったら、考えなくもないわ」

梨子「えぇぇ!?」

ダイヤ「梨子ちゃんは手もかからないし、むしろルビィよりも妹にしたいかも、なんてね」

梨子「そ、そんな」テレテレ

千歌「ぶーぶー!梨子ちゃんだけずるいぞー!」

善子「そうよそうよー!えこひいきよー!」

ダイヤ「そういうところなのだけど……分かってるのかしら?」

48: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:49:43.99 ID:pMhO7u1g

千歌「む~どうしたらチカとよっちゃんを妹として認めてくれるの~」

ダイヤ「そうね、先ずは日直の仕事をサボらずにやってほしいものね」

千歌「えっ?」

ダイヤ「黒板がさっきの授業のままなのだけど、このまま午後の授業を迎えるつもりなのかしら?」

千歌「やや、嫌だなぁダイヤちゃん。授業始まる前に消すつもりだったんだよ~」

ダイヤ「本当に?」

千歌「忘れてましたごめんなさい……」

ダイヤ「食事中だし今すぐとは言わないけど、午後の授業の予鈴が鳴る頃にはちゃんと消すのよ?」

千歌「は~い」

49: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:53:10.65 ID:pMhO7u1g

善子「全く、千歌ちゃんは」ニシシ

ダイヤ「……」ジッ

善子「な、何よ!ヨハネはちゃんと日直の仕事してるんだからね!」

ダイヤ「知ってるわ。貴女、根は真面目だもの」

善子「そ、そうよ!だからヨハネは千歌ちゃんと違って――」

ダイヤ「でも少しばかり運が悪い」

善子「うぐっ」

ダイヤ「だから今日提出の数学の宿題を出せなかったのも」

ダイヤ「大方ノートにコーヒーでもぶち撒けてしまって、出すに出せなくなった。違う?」

善子「何で知ってるのよぉ……」

ダイヤ「ある程度予想はつくし、多少斜め上の理由でも驚かなくなったわ」

善子「そうよ!宿題終わってコーヒー飲もうと思ったらマグカップが思ったより熱くて」

善子「それでノートの上に落としちゃったのよ!悪い!?」

ダイヤ「先生には明日まで待ってもらうように言っておいたから、朝一番に提出するのよ」

善子「は~い……」

50: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:53:42.45 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「はぁ……千歌ちゃんとヨハネが妹になったら、ルビィが2人増えたみたいで疲れそうだわ」

梨子「ふふっ」

ダイヤ「どうしたの?」

梨子「ううん、何か……そっちの方がダイヤちゃん生き生きしてるなぁって」

ダイヤ「そっちの方?生き生き?」

梨子「きっと、手のかかる子の方がダイヤちゃんも世話の焼き甲斐を感じてるんじゃないかな」

ダイヤ「まさか」

梨子「なので、梨子はダイヤちゃんの妹になっても」

梨子「ダイヤちゃんのご期待には応えられません♪」

ダイヤ「何だか、勝手にフラれたみたいで嫌ね……」

51: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:55:50.62 ID:pMhO7u1g

#雨宿り

ザーーーーーーーーーー

ダイヤ「はぁ。せっかくの休日、たまには買い物を……と街まで出たものの」

ダイヤ「まさか途中で雨に降られるなんて」

ダイヤ「天気予報も当てにならないものね」

ダイヤ「一応折りたたみ傘を持ってたから難を逃れられたけど」

ダイヤ「朝起きた時は雲ひとつ無い青空が広がっていたのに」

ダイヤ「一体どこの雨女さんの仕業かしら」

善子「……」ブルブル

ダイヤ「はぁ……」

ダイヤ「早速犯人を見つけてしまったわ……」

ダイヤ「見てはいけないものを見てしまった時って、こんな感情になるのね」

善子「……」ブルブルブル

ダイヤ「……流石に見て見ぬ振りをしたら、いつか手痛いしっぺ返しをされそうね」

52: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:58:15.84 ID:pMhO7u1g

善子「……」ブルブル

ダイヤ「おはよう、犯人さん」

善子「会って早々犯人呼ばわりは流石のヨハネも傷つくんだけど?」

ダイヤ「冗談よ。それより、こんなところで何をしてるの?びしょ濡れじゃない」

善子「見て分からない?」

ダイヤ「……困ったことに大方予想がついてしまうのよね」

ダイヤ「不運が歩いているようなヨハネのことだもの」

ダイヤ「きっとせっかくの休日に買い物にでも出かけようとしたらまさかの雨」

ダイヤ「持っていた折りたたみ傘は壊れるか風に飛ばされるかして役に立たず」

ダイヤ「雨に打たれながら雨をしのげるここまで避難してきた、違う?」

善子「避難してくる途中に車の水しぶきが直撃した、が抜けてるわよ」

ダイヤ「そこまでは可哀想すぎて見抜けないわよ」

善子「ヨハネの不運を甘く見ないでちょうだい」

53: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 13:58:55.98 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「それで、このまま寒さに震えながら雨が止むのを待つわけ?」

善子「そうよ。ダイヤちゃんも、わざわざこっちまで来てるってことは」

善子「買い物か何かで来たんでしょ?ヨハネのことは気にせずさっさと行きなさいよ」

ダイヤ「そういうわけにもいかないわよ」

善子「……何?」

ダイヤ「わたくしの傘に入って。家まで送っていくわ」

善子「別に良いのに」

ダイヤ「ヨハネに風邪でもひかれたら困るもの。ほら、早く入って」

善子「……ありがと」

54: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:00:06.90 ID:pMhO7u1g

~善子の家~

ダイヤ「さ、家に帰ったら濡れた身体を温めるのよ?」

善子「うん……ねぇ、ダイヤはこの後どうするの?」

ダイヤ「そうね。お買い物を続ける気もどこか行ってしまったし」

ダイヤ「大人しく家に帰って休日を過ごすわよ」

善子「そっか……」

ダイヤ「どうしたの?」

善子「他に何もすることが無いなら、ウチに上がっていく?」

ダイヤ「えっ?」

善子「送ってくれたお礼に温かい飲み物くらい出すわよ」

ダイヤ「別に気にしなくても良いのよ?」

善子「ヨハネが気にするの!」

ダイヤ「……ふふっ、さっきの問答と立場が逆ね」

ダイヤ「それならお言葉に甘えさせて頂くわ」

55: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:01:46.32 ID:pMhO7u1g

~善子の部屋~

ダイヤ「お風呂に入ってる間、部屋で待っててと言われたけれど」

ダイヤ「意外と……普通の部屋なのね」

ダイヤ「ヨハネの部屋に入るのは初めてだけど、もっと常人離れした部屋かと思ってたわ」

ダイヤ「まぁ、所々に物が散乱してるのは想像通りだけど」

ダイヤ「こまめに掃除をしないからこうなるのよ」

ダイヤ「よく提出物にコーヒーをぶちまけたりしてるけど」

ダイヤ「部屋が片付いてないからそんなことになるんじゃないかしら」

善子「主の居ぬ間に随分と好き勝手言ってくれたわね?」

ダイヤ「あらヨハネ。早かったのね」

善子「ほら、温かい飲み物……と言ってもコーヒーくらいしか無かったけど」

ダイヤ「ありがとう」

善子「ダイヤちゃんコーヒー飲めるの?」

ダイヤ「千歌ちゃんじゃあるまいし飲めるわよ」

善子「意外。日本茶しか飲まないのかと思ってた」

56: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:02:43.03 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「それを言ったらわたくしだって、ヨハネの部屋がこんなにも普通なのは意外よ」

善子「どんなイメージ持ってたのよ」

ダイヤ「黒のカーテンを閉め切って、光も届かぬ部屋の中に」

ダイヤ「骸骨やら得体の知れない動物の剥製が浮かび上がる、ってとこかしら」

善子「うっ……昔はそんな感じだったから間違ってはないけど」

ダイヤ「あら、じゃあ何でやめてしまったの?」

善子「うっさいわね!堕天使にも色々あるのよ!」

ダイヤ「でも、意外とわたくしたちの間にも知らなかったことがあるのね」

善子「まだせいぜい2年の付き合いじゃない」

ダイヤ「2年と言っても一般的には長く時間を過ごしてる方よ?」

善子「そういうものかしらね」

ダイヤ「ねぇ、ヨハネは休みの日はどんな風に過ごしてるの?」

善子「休みの日~?まぁ何も予定が無ければゲームをやったり?」

ダイヤ「ふぅん」

57: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:02:56.15 ID:+bffKIZr

癒される

58: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:03:46.07 ID:pMhO7u1g

善子「何よ、ゲームやりたいの?」

ダイヤ「そうね。ヨハネが教えてくれるなら」

善子「やりたいならやりたいって素直に言いなさいよ……じゃあこれやりましょ」

ダイヤ「これは……レースゲーム?」

善子「そ、これなら操作も簡単だし」

ダイヤ「お任せするわ」

善子「え~っと、操作方法は先ずはアクセルはこのボタンでブレーキはこっち」

ダイヤ「ふむふむ」

善子「スティックを倒すと倒した方に曲がるから」

ダイヤ「こうかしら?」グイッ

善子「身体ごと曲がらなくて良いから!」

ダイヤ「でもこれで操作は完璧ね」

善子「じゃあ1レースしてみましょ」

ダイヤ「望むところよ」

59: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:05:18.49 ID:pMhO7u1g

【1P WIN!】

善子「はいヨハネの勝ちー」

ダイヤ「くっ、このわたくしが負けるなんて……」

善子「いやいや持ち主がそう簡単に負けるわけないでしょ」

ダイヤ「もう1回よ!」

善子「はいはい」

ダイヤ「今度こそ勝ってみせるわ!」

善子「相変わらず負けず嫌いね~」

ダイヤ「今のでコツは掴んだから次こそは!」カチャカチャ

善子「まぁ、頑張んなさい」カチャカチャ

ダイヤ「……」カチャカチャ

善子「……」カチャカチャ

善子「……何かごめんね」カチャカチャ

ダイヤ「はい?」

善子「今日ダイヤちゃんお買い物行くはずだったんでしょ?」

善子「それがこんなことになっちゃって」

60: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:06:05.96 ID:pMhO7u1g

善子「本当は1日ゲームでもして過ごそうと思ってたのよ」

善子「でもふと外を見たら天気が良さそうで」

善子「魔が差したわけじゃないけど、買い物行こうって外に出たらこのザマ」

善子「ヨハネが外に出ようとしなかったら、ダイヤちゃんは自分の目的を果たせたわけだし……」

善子「ほんとヨハネって不運よね」

ダイヤ「……」

ダイヤ「隙あり」

善子「あっ!」

【2P WIN】

ダイヤ「別にどうしてもお買い物したくてこっちに出てきたわけでもないし」

ダイヤ「まぁ雨に降られたのはヨハネのせいじゃないとは言い切れないけど」

善子「うっ……」

ダイヤ「冗談よ。わたくしとしては今日はとても楽しい休日を過ごせてるのよ?」

善子「えっ?」

61: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:06:50.62 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「ゲームなんて家ではやらないし」

ダイヤ「今になって初めてヨハネのことを知れたとこもあってとても新鮮だったわ」

ダイヤ「それに、このわたくしと休日を過ごせてるのよ?」

ダイヤ「それを不運だなんて、失礼しちゃうわ」

善子「ぷっ、何よそれ、ふふっ……あははっ」

善子「はーおかし。悩んでたのがバカみたいじゃない」

ダイヤ「貴女はもう少し自分に自信を持った方が良いわよ」

善子「ん。考えとく」

ダイヤ「さて、それでは続きといきましょうか」

善子「そうよ!さっきのは不意打ちでずるいわよ!」

ダイヤ「隙を見せるヨハネが悪いのよ」

善子「次は負けないんだから!」

62: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:08:17.46 ID:pMhO7u1g

#お化け屋敷

善子「梨子ちゃん震えすぎでしょ」

梨子「だって~」ガクガク

善子「遊園地とかのならともかく文化祭の出し物よ?」

善子「しかもうちのクラスの出し物なんだから」

善子「出てくるお化けはみーんなクラスの子たちが用意した」

善子「子供だましなものに決まってるじゃない」

善子「しかもお化け班のリーダーが千歌ちゃんなんて」

善子「そんな大層なもの出てこないわよ」

梨子「分かってるけど~」ガクガク

善子「はぁ。これじゃ先が思いやられるわね」

63: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:11:01.39 ID:pMhO7u1g

~数分前~

善子「へぇ、こうして見ると中々本格的ね」

梨子「うん。文化祭のクラスの出し物がお化け屋敷に決まった時はどうなるかと思ったけど」

梨子「みんなが良いアイデアを出してくれたお陰だね」

梨子(でも外装担当で良かった。内装とかお化け担当とか絶対嫌だもん)

梨子「あ、そういえばよっちゃんは良かったの?」

善子「何が?」

梨子「くじで外装担当になっちゃったけど、本当は中の方が良かったんじゃないかなって」

梨子「ほら、よっちゃんそういうの好きそうだし」

善子「ヨハネがくじでなりたい担当になれると思う?」

梨子「あぁ……」

善子「ま、外装も外装で中々楽しかったけどね」

梨子「……ふふっ、それなら良かった」

64: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:11:31.90 ID:pMhO7u1g

千歌「あ!梨子ちゃんによっちゃん!」

梨子「千歌ちゃん」

善子「どうしたのよ?お化け担当の仕事は良いの?」

千歌「そのことなんだけどねー、2人に協力してほしいの!」

梨子「協力?」

善子「何か嫌な予感がするわ。梨子ちゃん、この話は聞かない方が」

梨子「良いよ、私たちに出来ることだったら」

善子「あ、こら。勝手に話を進めないの!」

梨子「それで、何をすれば良いの?」

65: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:12:40.98 ID:pMhO7u1g

千歌「ふっふっふー。話が早くて助かるよ!」

千歌「えっとね、お客さんが入ってからどういうタイミングでBGMを流せば良いのかとか」

千歌「いまいち流れを掴めてないんだよね」

梨子「うん」

千歌「あと仕掛けを動かす段取りとか」

梨子「うん……うん?」

千歌「お化け役の動きもお客さん相手に1回やらないと感覚分からないし」

梨子「あ、あの……千歌ちゃん?もしかして……」

千歌「だからね!」

梨子「う、うん」

千歌「2人にお客さんになってもらって1回シミュレーションしたいの!」

梨子「えっ……えぇ!?」

善子「ほら言わんこっちゃない……」

66: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:14:10.04 ID:pMhO7u1g

梨子「え、えっと……それは私たちじゃないの駄目なの?」

千歌「駄目なわけじゃないけど……」

梨子「じゃあ他の人に……」

千歌「ぶ~」ショボン

梨子「うっ……分かった、やります……」

千歌「やたっ!」

善子「あーあ。ほんと梨子ちゃんは千歌ちゃんに甘いわね~」

梨子「梨子もそう思います……」グスン

千歌「もちろんよっちゃんも協力してくれるよね?」キラキラ

善子「するわけないでしょ。外装の仕事だって残ってるんだから」

善子「目輝かせたって無駄よ」

千歌「梨子ちゃんを1人にするの?」

善子「うっ」

67: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:16:01.85 ID:pMhO7u1g

善子「べ、別にぃ?梨子ちゃんが勝手にやるって言ったんだし」

善子「ヨハネには関係ない話よ!」

梨子「……よっちゃん」ウルウル

善子「そ、そんな目で見たって心変わりは……」

梨子「む~」

善子「……わ、分かったわよ!やれば良いんでしょやれば!」

梨子「よっちゃん……!」

千歌「ありがとよっちゃん!」

千歌(よっちゃんはよっちゃんで梨子ちゃんに甘いもんね……にしし)

68: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:17:31.38 ID:pMhO7u1g

~~~~~~~~~~~

善子「元はと言えば梨子ちゃんが言い出しっぺじゃない」

善子「梨子ちゃんが先に入るべきよ」

梨子「えぇ~!?」

梨子「じゃ、じゃあその代わり……」

善子「その代わり?」

梨子「手握っててくれる?」ウルウル

善子「そ、それくらいで良いなら」プイッ

梨子「うん♪」

69: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:18:42.06 ID:pMhO7u1g

~♪(おどろおどろしいBGM)

善子「随分本格的なBGMね。梨子ちゃんが弾いたの?」

梨子「うん……それっぽいの弾いてって頼まれて」

善子「自分で弾いたBGMにビビってちゃ世話ないわね……っと」

梨子「よっちゃん?」

善子「そこの曲がり角、絶対何かあるわよ」

梨子「そうなの?」

善子「こういうのは死角を突いてくるのが定番なのよ」

善子「だから曲がった瞬間最初の仕掛けが飛び出してきても不思議じゃないわ」

梨子「なるほど……!」

善子「心構えさえ出来てれば恐るるに足らず!」

梨子「そ、そうだね!」

70: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:21:00.42 ID:pMhO7u1g

善子「じゃあ曲がるわよ……さぁ、何でも来なさい!」

梨子「……何も来ないよ?」

善子「あ、あれ?当てが外れたかし……」

ピタッ

善子「ひっ!」

梨子「きゃぁぁぁぁ!首筋に冷たいのが!」

善子「お、落ち着いて梨子ちゃん!これ冷えたこんにゃくよ!」

梨子「ふぇぇぇ?こんにゃくぅ?」グスン

71: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:23:46.56 ID:pMhO7u1g

善子「全く、どーせ子供だましの仕掛けばっかりとは思ってたけど」

善子「まさかこんな古典的なものを用意してるとはね」

トントン

梨子「びっくりしたぁ」

善子「びっくりしたのはこっちの台詞よ。あんな悲鳴あげちゃって」

トントン

梨子「だって怖かったんだもん……」グスン

善子「こんにゃくであそこまで怖がる人初めて見たわよ」

トントン

善子「もう!さっきから一体何なのよ!」フリムキ

みかんのお化け「がおー」

善子「」

梨子「み、みかん?」

善子「い……いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ドタバタ

梨子「よ、よっちゃん!?」

72: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:25:19.14 ID:pMhO7u1g

善子「はぁ……はぁ……」

梨子「よっちゃん待ってよ~」

善子「中々やってくれるじゃない……最初のこんにゃくは囮で」

善子「後ろを振り向かせたらあんな……あんなおぞましい物で驚かせてくるなんて……!」

梨子「おぞましいって、みかんの被り物被ったお化けだったような?」

梨子「あと多分みかんのお化けを怖がるのはよっちゃんだけだと思うよ」

梨子「こんにゃくはびっくりしたけど、みかんはちょっと可愛かったし」

善子「いやいや、みかんを舐めちゃ駄目よ」

梨子「そうなのかなぁ」

73: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:25:49.25 ID:pMhO7u1g

善子「と、とにかく先に進みましょ……」

梨子「そうだね……あれ?」

善子「どうしたの?」

梨子「何か聞こえない?」

善子「何かって、何も……」

……ケテ

善子「……聞こえる」

タス……

……ケテ

梨子「助けてって聞こえる」

善子「扉の向こうから聞こえるわね……」

74: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:27:24.74 ID:pMhO7u1g

善子「行くしかないのよね……」

梨子「……うん。じゃあ開けるね」

キィィ

梨子「お、お邪魔しまーす……」

???「しくしく……」

善子「女の子?」

梨子「泣いてる……のかな?」

???「しくしく……」

善子(絶対怪しいでしょ)ヒソヒソ

梨子(でも流石に見なかったことにするのは……)ヒソヒソ

???「しくしく……」チラッ

善子(こっち見てるわよ)ヒソヒソ

梨子(分かったよぉ……)ヒソヒソ

75: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:29:55.26 ID:pMhO7u1g

梨子「あ、あの……大丈夫、ですか?」

???「しくしく……」

梨子「えぇっと……何で泣いてるのかな?」

梨子「何か……悲しいことがあったの?」

???「しくしく……あった」

梨子「えっ?」

???「かなしいこと……あった」

梨子「……」ゴクリ

???「何で……わたくしが泣いてるかって?」

???「それは……」

梨子「ひっ……」

ゾンビ「わたくしがゾンビになってしまったからよ!」ガバッ

梨子「き……きゃああああああああああ!」

善子「ひぃぃぃぃぃぃ!ゾンビはダメぇぇぇぇぇぇ!」

ドタバタ

76: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:32:27.88 ID:pMhO7u1g

ゾンビ「……」

ゾンビ「そんなに怖かったのかしら」

みかんのお化け「いやー期待通りの反応してくれたね~」ニシシ

ゾンビ「ねぇ千歌ちゃん。わたくしそんなに怖い?」

みかんのお化け「うおっ!怖いよっ!その格好でフランクに話しかけないでよ!」

ゾンビ「あら失礼。そういう千歌ちゃんもいつまでその被り物被ってるの?」

みかんのお化け「おっとっと、忘れてた」

ダイヤ「ふぅ……このマスク中々息苦しいわ」

千歌「それにしても、ダイヤちゃんがここまで本気になってくれるとはね」

千歌「ゾンビの特殊メイクのマスクなんてどこで買ったの」

ダイヤ「やるからには本気でやるのが黒澤家というものよ」

千歌「でもこれで最恐のお化け屋敷が完成したぞー!」

77: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:32:58.49 ID:pMhO7u1g

~後日~

ダイヤ「あまりにも怖すぎるって先生方からもクレームが来たそうよ」

千歌「なんでぇ!?」

善子「当たり前よ!」

梨子「本当に怖かったんだからぁ!」

78: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:33:30.59 ID:pMhO7u1g

#ドキドキを克服しよう

~お昼休み~

千歌「う~ん、たまには中庭でお弁当を食べるのも良いねぇ」

梨子「天気も良いし、ピクニックみたいだね」

善子「うぅ……闇を生きるヨハネにこの日差しは眩しすぎる……」

ダイヤ「夜遅くまでゲームなんてしてるからよ」

千歌「あははっ。あ、梨子ちゃんの卵焼き美味しそう!」

梨子「えっ、そ、そうかな」タジタジ

千歌「梨子ちゃんは自分でお弁当作ってるんだよね?」

梨子「うん」

千歌「良いなぁ、料理が上手で。良いお嫁さんになりそう!」

梨子「お、お嫁さんって///」

79: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:35:37.56 ID:pMhO7u1g

千歌「……ねぇ梨子ちゃん」

梨子「な、なぁに?」

千歌「梨子ちゃんの卵焼き食べたいなぁ」

梨子「えぇっ?」

千歌「だめぇ?」

梨子「う、ううん。私ので良ければ……」

千歌「わーい!もぐもぐ……おいしー!」

梨子「うぅ……」ドキドキ

善子「あ、ずるい!私も欲しい!」

梨子「こ、今度作ってきてあげるから」ドキドキ

ダイヤ「ふむ……」

80: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:37:25.65 ID:pMhO7u1g

~放課後~

・生徒会室

コンコン

ダイヤ「どうぞ」

梨子「し、失礼しま~す」

ダイヤ「いらっしゃい、梨子ちゃん。突然呼び出してしまってごめんなさいね」

梨子「ううん。それより、私に話って?」

ダイヤ「そうね。単刀直入に言うわ」

梨子「う、うん」

ダイヤ「梨子ちゃん……」

梨子「はい……」

ダイヤ「貴女、少しドキドキしすぎじゃない?」

梨子「え、えぇぇぇ!?」

81: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:39:34.56 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「勿論、梨子ちゃんのそういう部分が魅力でもあるのは分かってるわ」

梨子「そ、そうかな///」ドキッ

ダイヤ「ほらそういうところよ」

梨子「はっ!」

ダイヤ「でもね、ステージに立ってパフォーマンスをしていく身として」

ダイヤ「すぐにドキドキしてしまう体質なのはやっぱり改善していった方が良いと思うの」

梨子「うん……でもどうすれば」

ダイヤ「特訓よ」

梨子「えっ?」

ダイヤ「こういうのは特訓あるのみよ」

82: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:41:46.03 ID:pMhO7u1g

梨子「特訓……」

ダイヤ「受けるかどうかは梨子ちゃん次第ね」

梨子「うん……私も変わっていかなきゃ駄目だよね」

梨子「梨子、頑張る!」

ダイヤ「ふふっ、では早速特訓と参りましょうか」

梨子「ところで特訓って何をするの?」

ダイヤ「それは……」クイッ

梨子「ふ、ふぇぇ!?」

ダイヤ「梨子、好きよ」

梨子「はわわわわわ!?///」

83: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:42:19.62 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「もう、駄目じゃない」

梨子「だ、駄目って、そんないきなりこんなことされたら///」

梨子「そ、それにダイヤちゃん……私のこと好きって///」

ダイヤ「特訓なのだから真に受けないの」

梨子「ふぇ……そ、そっか。そうだよね……」シュン

ダイヤ「これからこうやって梨子ちゃんをドキドキさせる言葉をわたくしが言っていくから」

ダイヤ「梨子ちゃんはそれに耐えること。これが特訓よ」

梨子「う、うん!」

ダイヤ「それでは、本格的に始めましょう」

84: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:44:07.63 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「梨子、綺麗よ」

梨子「はうぅぅぅ///」

ダイヤ「梨子の歌声、素敵よ」

梨子「はわわわわ///」

ダイヤ「梨子の作ったお味噌汁、毎日食べたいわ」

梨子「うぅぅぅぅ///」

ダイヤ「全然駄目ね」

梨子「当たり前だよぉ!」

ダイヤ「さぁ、どんどん行くわよ」

梨子「ひぃ~~~ん!」

85: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:44:44.49 ID:pMhO7u1g

~1時間後~

ダイヤ「梨子、貴女のこと……好きよ」

梨子「うん♪ありがとう♪」

ダイヤ「……完璧ね」

梨子「良かったぁ」

ダイヤ「これで、すぐにドキドキすることは無くなったかしら?」

梨子「そうかなぁ?」

梨子(多分途中から言われ慣れすぎたのと)

梨子(きっとこれはダイヤちゃんの本心ではないって感じるようになったからだけど……)

ダイヤ「それでは、お開きにしましょうか」

梨子「うん」

梨子(それはそれで、ちょっと複雑な気分……)

梨子「はぁ……」

ダイヤ「……」

86: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:45:31.99 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「そうそう、梨子ちゃん」

梨子「?」

ダイヤ「わたくし、嘘や冗談って嫌いなの」

梨子「ふぇ?」

ダイヤ「だから、貴女に浴びせ続けた言葉に、嘘偽りは無いのよ」

梨子「そ、それって……」

ダイヤ『梨子、好きよ』

梨子「だだだ、ダイヤちゃん!?///」

ダイヤ「likeかloveかは、梨子ちゃんの想像にお任せするわ♪」

梨子「ダイヤちゃ~ん!///」

梨子(私のドキドキ癖は、やっぱり治りそうもありません)

87: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:47:59.21 ID:pMhO7u1g

#バレンタイン

梨子「そういえば、もうすぐバレンタインだね」

千歌「あーもうそんな時期かぁ」

梨子「千歌ちゃんたちはチョコ作ったりするの?」

千歌「えぇっと……」メソラシ

梨子「?」

ダイヤ「去年はそういうのしたわね。チョコ交換ってやつ」

梨子「わぁ、楽しそう」

善子「ヨハネ的にはほんと最悪だったけどね」

梨子「そうなの?」

善子「チカがチョコ用意するの忘れてね」

梨子「あらら」

善子「挙句の果てにはチョコじゃなくてみかん渡してきたのよ」

梨子「えぇ……」

千歌「その節は申し訳ありませんでした……」

88: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:50:06.02 ID:pMhO7u1g

善子「そんなこんなで去年のバレンタインは最悪だったって話」

ダイヤ「まぁ最悪だったのはヨハネだけだと思うけど」

善子「ダイヤちゃんもバレンタインにハンバーグ渡されたらヨハネの気持ち分かるわよ」

ダイヤ「そんなことするの曜くらいしかいないわよ」

梨子「そっか……今年はどうするの?」

善子「そうねぇ、どっかの誰かさんがちゃーんとチョコを持ってきてくれるなら良いわよ?」デコピン

千歌「あうぅ……」

ダイヤ「わたくしはどちらでも良いのだけれど」チラッ

梨子「?」

ダイヤ「梨子ちゃんが乗り気のようだし、わたくしも断る理由はないわね」

梨子「乗り気ってそんな……ううん、梨子はやりたいな」

ダイヤ「なら、決まりね」

善子「今度はみかん無しよ!」

千歌「分かってるよ~!」

89: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:51:47.77 ID:pMhO7u1g

~帰り道~

梨子「……ねぇ千歌ちゃん」

千歌「なーに?」

梨子「本当のことを教えて?」

千歌「本当のこと?」

梨子「チョコを用意するの忘れたって、嘘だよね?」

千歌「……何でそう思うの?」

梨子「持ってくるの忘れただけなら取りに帰るだろうし」

梨子「完全に用意するの忘れたなんて、千歌ちゃんらしくないなって」

千歌「はぁ~~~梨子ちゃんは鋭いなぁ」

梨子「千歌ちゃん、分かりやすいもの」クスクス

梨子「一体、何があったの?」

90: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:52:46.25 ID:pMhO7u1g

千歌「去年のチョコ交換ね、手作りか市販のかって指定はなかったの」

千歌「でもよっちゃんもダイヤちゃんもチカは自分で作らなそうって言うから」

千歌「2人をびっくりさせようと手作りチョコを作ることにしたんだ」

千歌「そしたらこれがぜーんぜん上手くいかなくて」

千歌「結局前の日の夜になってもまともなのが作れなくって」

千歌「かと言って手作りチョコ持っていく気満々だったから他のチョコもなくて……」

梨子「それで用意するの忘れたって嘘を……」

千歌「まぁ用意出来なかったって意味だと嘘ではないんだけどね」アハハ

梨子「今年はどうするつもりなの?」

千歌「今年は早めに市販のチョコ選ぼうかな~」

梨子「そっか」

千歌「あ、そうだ梨子ちゃん。今度一緒に」

梨子「千歌ちゃん!」

千歌「は、はい!」

梨子「良かったら……一緒にチョコ作りませんか?」

91: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:54:32.30 ID:pMhO7u1g

~バレンタイン前日~

・梨子の家

千歌「おぉ~!チョコがいっぱい!」

梨子「ガナッシュ用のチョコはこっちで用意しておいたよ」

千歌「ガナッシュ?」

梨子「ガナッシュは生クリームとチョコレートを合わせて作るクリームのことだよ」

千歌「お~梨子ちゃん物知りだねぇ」

梨子「うーん、千歌ちゃんも去年ガナッシュは作ってるはずなんだけどなぁ」

千歌「ほぇ?」

梨子「とりあえず始めよっか。千歌ちゃんはトリュフで良いんだよね?」

千歌「うん!」

92: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:55:45.36 ID:pMhO7u1g

梨子「先ずはチョコレートを細かく刻んで……」

千歌「こんな感じ?」

梨子「うん、上手上手」

千歌「へへっ、何かこれだけでお菓子作りのレベルが上がった気分!」

梨子「去年どんな風に作ってたんだろ……」

千歌「梨子ちゃん、次は?」

梨子「次は生クリームをお鍋に入れて温めます」

千歌「ほいほい」

梨子「ここで注意なのは温度管理だよ」

千歌「温度管理?」

梨子「うん。この生クリームと、さっき刻んだチョコレートを混ぜるんだけど」

梨子「生クリームの温度が高すぎると上手くいかないの」

千歌「あ!去年チカが作った時もそんな感じだった!」

93: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:57:59.20 ID:pMhO7u1g

梨子「温度は大体沸騰しない程度で良いんだよ」

千歌「そっかぁ」

梨子「今くらいの温度で大丈夫かな。じゃあさっきの刻んだチョコレートが入ってるボウルに入れちゃって」

千歌「うんしょ」ドボドボ

梨子「そしたら泡立て器で混ぜ合わせて」

千歌「どれくらいまで混ぜ合わせるの?」シャカシャカ

梨子「チョコレートが溶け切ってクリーム状になるまでだよ」

千歌「うへぇ、結構大変だぁ」

梨子「良い感じになったら冷蔵庫で1時間くらい冷やすよ」

千歌「は~い」

94: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:58:37.12 ID:pMhO7u1g

~1時間後~

千歌「おー、粘土みたいになってる」

梨子「次は一口大にすくって手で丸めていくの」

千歌「えへへ、何か子供の頃を思い出すなぁ」

梨子「最後はココアパウダーをまぶしたりトッピングを施して完成だね」

千歌「おー!出来たー!」

梨子「ふふっ、良かったね千歌ちゃん」

千歌「梨子ちゃんのお陰だよー!」

梨子「そ、そんな。千歌ちゃんも凄い頑張ってくれたし」テレテレ

千歌「でもこれで今年こそよっちゃんとダイヤちゃんをびっくりさせられるぞー!」

梨子「あ、千歌ちゃん千歌ちゃん。まだラッピングが残ってるからね?」

千歌「ありゃ、そうだった」

95: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 14:59:25.44 ID:pMhO7u1g

~バレンタイン当日~

千歌「ふっふっふっ」

善子「ま、マジで……?」

ダイヤ「本当に千歌ちゃんが作ってくるなんて……」

善子「デパートで買ってきたやつじゃないでしょうね?」

千歌「失礼なー!ちゃんとチカの手作りだもん……まぁ梨子ちゃんに手伝ってもらったけど」

梨子「ふふっ、梨子のお墨付きチョコレートだよ」

ダイヤ「梨子ちゃんのお墨付きなら安心して食べれるわね……はむっ」

善子「そうね……ぱくっ」

千歌「何か引っかかる言い方だけど……どう!?」

ダイヤ「……美味しい」

善子「中々やるじゃない」

千歌「やったー!」

梨子「やったね、千歌ちゃん」

96: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:00:36.22 ID:pMhO7u1g

~帰り道~

千歌「ふい~今日はいっぱいチョコ食べたな~」

梨子「よっちゃんとダイヤちゃんの作ってきたチョコも美味しかったね」

千歌「2人共手作りに興味無い振りして凄い手の込んだもの作ってきてたからびっくりだよ」

梨子「何だかんだ楽しみにしてたんじゃない?」

千歌「だねっ。あ、梨子ちゃんのチョコももちろん美味しかったよ!」

梨子「お口に合って良かった」

千歌「梨子ちゃんの手作りだもん、美味しくないわけがないよ」

梨子「あ、ありがと」テレテレ

千歌「そんな梨子ちゃんに、チカからプレゼントです!」

梨子「えっ?ってこれチョコ?チョコならさっき交換したのに」

千歌「ふっふっふっ、これは梨子ちゃんにだけあげるチョコなのだ~」

梨子「私にだけ?」ドキッ

97: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:02:16.98 ID:pMhO7u1g

千歌「一緒にチョコ作ってくれたお礼に家に帰った後内緒で作ったの!」

梨子「そんな、お礼なんて全然良いのに」

千歌「良いから良いから。さ、食べて食べて」

梨子「う、うん。いただきます……はむっ」モグモグ

千歌「……どう?」

梨子「美味しい……それにこれ、桜の香りがする」

千歌「へへ~桜風味のチョコだよ!」

梨子「もう、サプライズすぎるよ」

千歌「いやぁ、梨子ちゃんに喜んでもらいたくって」

梨子「本当にありがとう、千歌ちゃん」

千歌「それはこっちの台詞だよ梨子ちゃん。あっ、家に着いちゃった」

千歌「じゃあまた学校で!」

梨子「うん、またね」

梨子(……ホワイトデーのお返しはみかんを使ったものにしようかな)

98: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:03:59.07 ID:pMhO7u1g

#季節は巡る

千歌「うぅ~さぶっ……」

梨子「もうすっかり冬本番だね」

ダイヤ「そういえば梨子ちゃんはこれが初めてなのよね」

千歌「あ、そっか」

梨子「えっ?」

善子「も~梨子ちゃんったら鈍いのね」

千歌「梨子ちゃんが、初めて過ごす内浦の冬だよ!」

梨子「あ、そっか……」

ダイヤ「やっぱり、東京の冬とは違う?」

梨子「あんまり意識したことはなかったけど……でも、温かいかも」

千歌「え~本当~?」

99: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:05:02.77 ID:pMhO7u1g

梨子「うん。風が吹くと海風はやっぱり冷たいけど」

梨子「忙しなく日常を送ってる東京と違って、こっちは何もかもがゆっくりに感じて」

梨子「だからかな?凄い穏やかで、温かく感じるの」

千歌「む~それって内浦が田舎ってことぉ?」

梨子「ち、違うよ!」

善子「でも最初はびっくりしたんじゃない?」

善子「何でもあった東京から、何て所に来てしまったんだ――」

善子「ってね」

千歌「うぅ……何にもなくてごめんね梨子ちゃん」ウルウル

梨子「思ってないからね!?」

100: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:06:25.87 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「ふふふっ」

千歌「ダイヤちゃん?」

善子「あら、これはダイヤちゃんの逆鱗に触れてしまったようね?」

梨子「えぇ!?」

善子「大変ね梨子ちゃん?黒澤家を敵に回したらこの街で生きていけないわよ?」

梨子「だから違うってば~!」

ダイヤ「ふふっ、安心して梨子ちゃん。そういうのじゃないから」

梨子「ほっ」

ダイヤ「むしろ黒澤家を好き勝手に言ってるヨハネの方が、心の準備をした方が良いかも……なんてね」

善子「んなっ!」

101: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:09:43.81 ID:pMhO7u1g

千歌「じゃあ何でダイヤちゃんさっき笑ってたの?」

ダイヤ「そんな大したことではないのだけれど……」

ダイヤ「梨子ちゃんがこっちに来てから、春が過ぎ、夏を越し、秋を経て、冬を迎えた」

ダイヤ「もうそんなに時間が経ったのかと思うと……つい、ね」

千歌「あー!分かる!何かあっという間だったよねぇ」

千歌「こういうのなんて言うんだっけ?こーいん……こーいん……」

ダイヤ「光陰矢の如しよ、千歌ちゃん。ちゃんと勉強してるのかしら?」

千歌「あっはっはっ……めんぼくない」

梨子「でもそっか、次の春を迎えると私が内浦に来てから季節が一周するんだね」

善子「ちょっとちょっと、まだ冬に入ったばかりなのに気が早すぎない?悪魔に笑われるわよ?」

102: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:11:28.04 ID:pMhO7u1g

千歌「はーーー、でもそう考えると凄いなぁ」

梨子「凄い?」

千歌「去年の今頃はさ、チカとよっちゃんとダイヤちゃんの3人で一緒に帰ってたんだよ」

千歌「それが春に梨子ちゃんが来て、一緒にスクールアイドル始めて」

千歌「今では4人で一緒に帰ってるの。1年前じゃ想像も出来なかったよ!」

梨子「うん、私もそう思う」

善子「でも最初は苦労したわよね~」

梨子「そうなの?」

善子「転校生と早く仲良くなるんだ~って毎日のように作戦会議してたんだから」

ダイヤ「そんな会議もあったわね」

梨子「え~何その話、私知らないよ?」

千歌「あははっ、ほんと懐かしい――」

103: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:14:04.25 ID:pMhO7u1g

~~~~~~~~~~~~~~

~4月~

千歌「よっちゃん、おっはよー!」

善子「おはよ、千歌ちゃん。相変わらず朝から元気ね」

千歌「褒めてもみかんしか出ないよ?」

善子「褒めてないし、みかん嫌いなの知ってるでしょ!?」

千歌「冗談だって~。今年も同じクラスだね!」

善子「1クラスしか無いのに同じクラスも何もないでしょ。違うクラスだったらびっくりするわよ」

千歌「いや、よっちゃん進級出来たんだなって」

善子「言っておくけど!それは千歌ちゃんの方が心配されるべきことだからね!?」

千歌「たはは……」

善子「もう、新学期早々疲れさせないでちょうだい」

104: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:15:02.11 ID:pMhO7u1g

千歌「そうそう。うちの隣に誰か引っ越してきたみたいなんだよね」

善子「千歌ちゃん家の隣に?」

千歌「うん。何でも東京からだって」

善子「東京からこんな田舎に?都落ちも良いとこじゃない」

千歌「いや~チカに言われても」

善子「どんな人たちだったのよ?」

千歌「ううん。志満ねぇたちが挨拶受けてたみたいで、チカは話してないから」

千歌「仕事の都合で家族でこっちに引っ越してきたって志満ねぇ言ってたよ」

善子「ふ~ん」

千歌「あ、でもチラッと覗き見したら大学生くらいの可愛い女の子がいたな~」

善子「都会の大学生が一緒にこっちに越してくるなんてますます謎ね」

105: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:15:54.44 ID:pMhO7u1g

千歌「あれ、そういえばダイヤちゃんは?」

善子「まだ来てないわよ」

千歌「ダイヤちゃんがまだ来てないなんて珍しいね」

善子「そうね、まぁ何か用事でも……」

千歌「あ!ひょっとしてダイヤちゃん進級出来なかったとか!」

善子「いやいや、あの子に限ってそれはないでしょ」

善子「ていうかダイヤちゃんが進級出来なかったらヨハネも千歌ちゃんも進級出来てないわよ」

千歌「そっかぁ、そうだよね。よっちゃんが進級出来てるんだもんね」

善子「引っ叩くわよ?」

106: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:18:07.16 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「朝から楽しそうね、2人とも」

善子「あ、噂をすれば」

ダイヤ「噂?」

千歌「ダイヤちゃんおはよ!ダイヤちゃん進級出来たんだねぇ」

ダイヤ「おはよう千歌ちゃん。ヨハネじゃあるまいし、落第なんてしないわよ」

善子「なに、今日はそういう流れなわけ!?」

ダイヤ「ところでわたくしの話をしてたみたいだけど」

善子「ダイヤちゃんがまだ来てないなんて珍しいって話をしてたのよ」

ダイヤ「あぁ、そういうこと」

107: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:19:44.78 ID:pMhO7u1g

善子「で、何かあったの?ダイヤちゃんが何の理由もなく千歌ちゃんより遅く来るってことはないでしょ?」

千歌「さらっとチカのことバカにしてない?」

ダイヤ「ご名答よヨハネちゃん。実は先生に呼ばれて職員室へ行ってたの」

千歌「ほほぉ、ダイヤちゃんもついに悪事を」

ダイヤ「……千歌ちゃんを進級させたのは間違いだったって先生に意見してこようかしら」

千歌「ごめんなさいごめんなさい!冗談です!」

ダイヤ「全く、話が進まないじゃない」

善子「それで?何で先生にお呼び出しされたのよ?」

ダイヤ「そうね、単刀直入に言うと……」

ちかよし「言うと?」

ダイヤ「転校生が来るのよ」

ちかよし「え、えぇぇ~~~?」

108: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:20:44.70 ID:pMhO7u1g

千歌「ど、どこに来るの?」

ダイヤ「この学校に決まってるでしょ?」

善子「何でこんな辺鄙な所に!?しかも高校2年生でなんて」

ダイヤ「ご家族のお仕事の都合みたいよ」

千歌「それで、何でダイヤちゃんがそれを教えてもらってるの?」

ダイヤ「転校生の世話をしてあげてくれと、先生が」

善子「なるほどね、少なくともそれはダイヤちゃんが適任だわ」

千歌「え~~~ダイヤちゃんばっかずるい~チカも転校生ちゃんをお世話したいよ~!」

ダイヤ「別にすれば良いじゃない」

千歌「えっ?」

109: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:23:16.50 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「わたくしだけが世話をする決まりにはなってないもの」

ダイヤ「むしろ千歌ちゃんやヨハネが協力してくれるなら助かるわ」

千歌「するする!協力する!ねっ、よっちゃんもするでしょ?」

善子「そう、ね……純白の転校生を魔界色に染め上げるのも悪くはないわね……ノッたわ!」

ダイヤ「動機が不純すぎない?」

千歌「く~~~、早く転校生ちゃんに会いたいなぁ、早くホームルームになれ~!」

ダイヤ「そうそう、転校生のお家……千歌ちゃんのお家のお隣みたいよ?」

千歌「ほぇ?」

ダイヤ「むしろ、まだ会ってないの?」

千歌「な、なんだって~~~!」

110: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:25:27.74 ID:pMhO7u1g

~ホームルーム~

梨子「さ、桜内梨子です……。東京の音ノ木坂学院から来ました……」

ザワザワ……ザワザワ……

……東京からだって

……やっぱ都会の子ってオーラが出てるよねぇ

ヒソヒソ……ヒソヒソ……

梨子(うぅ……何か変な注目のされ方してるよ~)

先生「それじゃ、桜内の席は……高海の隣な」

梨子「は、はい!」

千歌(梨子ちゃんって言うんだぁ!)

千歌(まさかあの大学生っぽい子が同い年だったなんて!)

千歌(これが都会っ子ってやつ!?)

千歌「……」キラキラ

梨子(……何か、凄い見られてる)

梨子「よ、よろしくね?」

千歌「よろしく!あの、あの、梨子ちゃ……」

先生「よーし、それじゃホームルーム続けるぞー。質問タイムは休み時間になー」

千歌「ちぇー」

111: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:26:16.40 ID:pMhO7u1g

~休み時間~

千歌「梨子ちゃん梨子ちゃん!私、高海千歌って言うの!」

千歌「梨子ちゃん家の隣の十千万ってチカのお家なんだよ!」

千歌「えへへっ、学校でもお家でもお隣さんなんて運命だねぇ!」

梨子「あ、あの、そんないっぺんに言われても……」

千歌「あ、そうだ!まだ内浦のことよく知らないよね?」

千歌「チカが案内してあげる!よっちゃんは田舎って言うけど」

千歌「空気が澄んでて、海も青くてすっごく良いところなんだよ!」

千歌「あ、よっちゃんっていうのはね……」

善子「こらっ」

千歌「あいたっ」

112: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:28:51.19 ID:pMhO7u1g

善子「休み時間早々がっつきすぎよ。転校生ちゃん困ってるじゃない」

ダイヤ「そうよ。それに、内浦の案内も良いけど」

ダイヤ「先ずは学校の案内が先じゃないかしら?」

千歌「確かに」

善子「え、そういう問題?」

梨子「あ、あの……」

千歌「ごめんごめん。こっちがさっきも話に出てきたよっちゃんことヨハネちゃん」

善子「よろしく」

梨子「う、うん。よろしく……」

梨子(ヨハネって何なの~?)

千歌「それからこっちがダイヤちゃん」

ダイヤ「以後お見知りおきを」

梨子「よ、よろしくお願いします?」

113: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:29:38.05 ID:pMhO7u1g

梨子(な、何かいきなり個性的な子たちに目をつけられた気がする……!)

梨子(ど、どうしよう……)オロオロ

千歌「そうだ梨子ちゃん」

梨子「ご、ごめんなさい!」

千歌「ほぇ?」

梨子「その、お手洗いに」

千歌「じゃあ案内するよ」

梨子「だ、大丈夫です!教室来る時に前を通ったから!」

千歌「あっ……行っちゃった」

善子「……逃げられたわね」

ダイヤ「千歌ちゃんが前のめりになりすぎるからよ」

千歌「そんな~」

114: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:30:34.27 ID:pMhO7u1g

~数日後~

千歌「第10回どうしたら梨子ちゃんと仲良くなれるのか会議を始めます!」

善子「いえーい」

千歌「よっちゃんテンション低いよ!」

善子「そりゃ低くなるわよ。毎日朝昼放課後にこんな訳の分からない会議に参加してたら」

千歌「も~!ダイヤちゃんからも言ってあげてよ~!」

ダイヤ「そうね。どちらかというと、放課後はさも当然のようにわたくしの家に集まって」

ダイヤ「我が物顔で会議を始める千歌ちゃんに一言物申したいのだけれど」

千歌「うぐっ」

善子「ていうか何でダイヤちゃん家なのよ?千歌ちゃん家で良いじゃない」

千歌「だってうちだとほら、隣が梨子ちゃん家だし」

千歌「会議の内容聞かれちゃわないかなって」

ダイヤ「じゃあヨハネの家でも良かったじゃない」

千歌「いや遠いし」

善子「心底会場提供しなくて良かったわ」

115: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:31:49.95 ID:pMhO7u1g

千歌「で、今日の成果なんだけど……」

善子「何も無しでしょ」

千歌「よっちゃんご名答~」

善子「はぁ。転校してきて日が浅いんだから、慌てなくて良いでしょ」

千歌「でも、でも~!」

善子「ダイヤちゃんは転校生とよく話してるしもう仲良くなったんじゃない?」

千歌「そうなの!?」

ダイヤ「そんなことないわよ。色々案内とか、学校のことで分からないことを教えてるだけ」

ダイヤ「まだ他人行儀だし、仲良くなったなんて言えないわね」

千歌「そっかぁ」

116: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:33:58.25 ID:pMhO7u1g

善子「ま、気長に向こうから打ち解けてくれるのを待てば良いんじゃない?」

千歌「む~」

ダイヤ「……そこまで仲良くなりたいの?」

千歌「当たり前だよ!」

ダイヤ「なら、手っ取り早い方法が1つだけあるわ」

千歌「手っ取り早い」

善子「方法?」

117: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:35:22.61 ID:pMhO7u1g

梨子「ふぅ……やっと今週の授業が終わった……」

梨子「転校してきて最初の1週間だから慌ただしかったけど」

梨子「何とか乗り切った~」ノビー

梨子「土日はゆっくり休もっと」

梨子「……そういえば、今日はあの子も大人しかったな」

梨子「高海さん……だっけ。あと津島さんと黒澤さん」

梨子「毎日私に話しかけてくれるけど……」

梨子「最初の日に逃げ出しちゃったから、何か気まずくて……」

梨子「うぅ~梨子のバカバカ」

梨子「きっと、愛想尽かしちゃったよね……んん?」

梨子「下駄箱に何か入ってる……招待状?」

118: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:38:45.25 ID:pMhO7u1g

梨子「招待状に書かれてる住所に来てみたけど……」

梨子「どう見ても高海さんのお家……だよね?」

梨子「これ、本当に私宛てなのかな……」

志満「もしかして……梨子ちゃん?」

梨子「は、はい!」

志満「引っ越してきた時の挨拶以来ね~」

梨子「あ、その節は」

志満「そうそう。千歌ちゃんから話聞いてるわよ」

梨子「え、えぇ?」

志満「遠慮しないで、ほら上がって上がって」

梨子「え、あの……お、お邪魔します」

119: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:39:46.58 ID:pMhO7u1g

志満「千歌ちゃんの部屋はそこだからごゆっくり~」

梨子「あ、はい。ありがとうございます……」

梨子(どどどどどうしよう~)

梨子(何かなし崩し的に高海さんの家にお邪魔しちゃったけど……)

梨子(このまま何もせずに帰る方が逆に失礼だよね……)

梨子(よ、よし!勇気を出して先ずはノックから……)

ガラッ

梨子「へっ?」

千歌「ちょっと様子見てくる!……って梨子ちゃん!?」

梨子「あわわわわわ」

千歌「ちょうど良かった~!梨子ちゃん遅いからお家に帰っちゃったのかと思ったよ~」

梨子「……え、えぇっと」

120: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:41:08.67 ID:pMhO7u1g

善子「鳩が豆鉄砲を食ったような顔してるわね」

ダイヤ「千歌ちゃんが勢い良く開けるからよ」

千歌「いやだってまさか梨子ちゃんが居るとは思わなくて」

梨子「あの……これは一体……?」

善子「とりあえず、中に入ってもらったら?」

千歌「だね!今日の主役は梨子ちゃんだからね~」

梨子「しゅ、主役?私が?何の?」

千歌「はい梨子ちゃんここに座った座った!」

梨子「え、あっはい……」

ダイヤ「もう……早く説明してあげたら?困惑しきって、梨子ちゃんがかわいそうよ」

千歌「分かってるってば。え~、こほん」

千歌「梨子ちゃん!」

梨子「は、はい!」

千歌「ようこそ内浦へ!」

梨子「……えっ?」

121: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:43:25.65 ID:pMhO7u1g

千歌「あ、あれ?伝わらなかったかな……じゃあもう1回」

千歌「ようこそ内浦へ!」

梨子「……?」ポカーン

千歌「あれ~?」

善子「何やってるのよ……」

ダイヤ「言葉が10個くらい足りてない千歌ちゃんに代わって説明するわね」

千歌「何か酷い言われよう!」

ダイヤ「単刀直入に言うと、今日は梨子ちゃんの歓迎会なの」

梨子「歓迎会……?」

122: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:45:18.06 ID:pMhO7u1g

ダイヤ「この街に、この学校に、転校生が来るなんて珍しいのよ」

ダイヤ「それに、内浦という小さなコミュニティの中でずっと育ってきたわたくしたちは」

ダイヤ「小さい頃から顔馴染みの子が多くて」

善子「ヨハネは違うけどね!」

ダイヤ「話の腰を折らないの」

善子「はい」

ダイヤ「だから、こんなタイミングでそんな所に身を置く事になる梨子ちゃんは」

ダイヤ「きっと心細いだろうし、大変だと思うって千歌ちゃんがね」

梨子「……あっ」

千歌「えへへ。内浦はさ、良い所だし浦女も良い学校なんだよ」

千歌「チカは梨子ちゃんにもそう思ってほしかったんだ」

梨子「そっか……」

123: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:48:27.17 ID:pMhO7u1g

千歌「でも転校生が来たことなんか無かったし、どう接して良いのか分からなくて……」

善子「千歌ちゃんは距離の詰め方が下手すぎなのよ」

千歌「む~よっちゃんには言われたくないもん!」

善子「どういう意味よ!」

梨子「それであんなにしつこく……」

千歌「やっぱりしつこかった!?」ガーン

梨子「ご、ごめんなさい。言葉の綾というか何というか……」

善子「ま、そういうわけだから今日は気兼ねなく楽しんでちょうだい」

ダイヤ「そうね。わたくしたちだって千歌ちゃんと同じ気持ちなのよ」

梨子「うん……ありがとう」ニコッ

124: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:51:40.10 ID:pMhO7u1g

千歌「いや~食べた食べた」

梨子「美味しかった~。でも良いのかな、あんな豪勢なお夕飯頂いちゃって」

善子「その代わりお皿洗い手伝うことになったけどね」

千歌「働かざる者食うべからずだぞー」

ダイヤ「どちらかというとわたくしたちは客人になるのでは?」

善子「客を働かせる旅館って最低ね」

千歌「宿泊代払ってないでしょ!」

梨子「ふふふっ」

ダイヤ「あら、2人とも梨子ちゃんに笑われてるわよ」

善子「いやいや、ダイヤちゃんも込みでしょ」

梨子「ごめんなさい。何か面白くって」

千歌「いや~チカからすれば梨子ちゃんも十分面白かったよ?」

梨子「え?」

125: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:52:12.35 ID:pMhO7u1g

千歌「どうやって食べたら良いのか分からなくて周りをキョロキョロしてたり」

ダイヤ「お作法を気にして逆にぎこちなくなっていたのも見逃さなかったわよ」

善子「友達同士なんだからそこまで気にしなくて良いのにね」

梨子「言わないで~!」カァァァ

千歌「あははっ……あ、もうこんな時間」

梨子「本当だ。私はお隣だから良いけど、津島さんは沼津の方だよね?バス大丈夫?」

善子「何言ってるのよ」

梨子「えっ?」

善子「明日は土曜日でしょ。だったら無理に帰る必要無いわよ」

千歌「そうそう、今日はこのままお泊り会なのだ~!」

梨子「えぇ~~~?」

126: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:55:28.58 ID:pMhO7u1g

チャポン

梨子「ふぅ……良いお湯……」

千歌「どう?十千万自慢の温泉は?」

梨子「うん!最高!」

善子「あ~~~ほんと生き返るわ~」

ダイヤ「おじさんみたいよ」

善子「うっさいわね~」

梨子「でも温泉なんて、家族旅行でしか入ったことなかったから凄い新鮮」

千歌「へっへっへ~、毎日入りに来ても良いんだよ~?」

梨子「う、う~ん、それは流石に」

127: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:56:08.11 ID:pMhO7u1g

千歌「あ~でも良かった~梨子ちゃんと仲良くなれて」

ダイヤ「そうね。教室で一緒に過ごしてるだけじゃ分からない一面も見れたし」

善子「転校初日に逃げられたのがもはや懐かしいわね」

梨子「あはは。……あのね」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「私、最初は不安だったの」

梨子「東京から来たってだけで注目されるのに……」

梨子「私自身は派手なタイプじゃないし、引っ込み思案な性格だから」

梨子「だから、最初千歌ちゃんに話しかけられた時はびっくりしちゃって……」

128: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 15:57:18.72 ID:pMhO7u1g

梨子「その後も千歌ちゃんは諦めずに話しかけてくれて」

梨子「でも最初のことがあって、自分で気まずくなっちゃって」

梨子「なので……ごめんなさい!」

千歌「そんな謝らなくて良いよ~チカも悪かったし」

梨子「ううん。でも本当に今日は楽しかったの」

梨子「ずっと心細かったのは事実だし……」

梨子「だからみんなとお喋りしたり、ご飯食べて、温泉入って、凄い楽しかった」

梨子「あの……ね、ありがとう」

梨子「それから、その……私と友達になってくれると嬉しいな……」

梨子「千歌ちゃんだけじゃなくて、善子ちゃんもダイヤちゃんも」

129: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:00:46.74 ID:pMhO7u1g

善子「だってよ?」

ダイヤ「どうしようかしらね」

梨子「えぇっ!?駄目なの?」

千歌「駄目なわけないよー!」ザブーン

梨子「きゃあっ!?」

千歌「もうチカたちは友達だもん!」ギュー

梨子「ほ、本当?」

千歌「うん!だってその証拠に、梨子ちゃんもチカたちのこと名前で呼んでる!」

梨子「えっ……あっ!」

ダイヤ「やはり裸の付き合いというだけあって、本音を引き出せるものね、梨子ちゃん」

善子「ヨハネの名前は間違えてるけどね。ま、大目に見てあげるわ」

梨子「みんな……ありがとう!」

130: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:01:19.93 ID:pMhO7u1g

千歌「……ところで梨子ちゃん」

梨子「なぁに?」

千歌「梨子ちゃんの肌スベスベなんだけど、何これ!?」サワサワ

梨子「ちょ、変なとこ触らないで~!」

善子「ずっと気になってたけど、髪もサラサラよね~」サワサワ

梨子「よし……ヨハネちゃんも!」

ダイヤ「女子として、梨子ちゃんが普段どんなケアをしてるのか気になるわね」サワサワ

梨子「ダイヤちゃんまで……もう!いい加減にしてぇ!」

131: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:02:29.07 ID:pMhO7u1g

~~~~~~~~~~~~~~

善子「そんなこともあったわねぇ」

千歌「これが俗に言う梨子ちゃんのお肌の誓いだね」

梨子「初めて聞いたよ!?というか私の肌に何を誓ったの!?」

千歌「え?チカたちはずっとお友達だよって」

梨子「私の肌に誓ったの!?」

ダイヤ「ふふっ、まぁ梨子ちゃんのお肌はさておき」

ダイヤ「あのお泊り会、それも温泉で距離が縮まったのは確かね」

梨子「うん。それは本当に感謝してるよ」

善子「最初の千歌ちゃんはほんと相手のことを考えない猪突猛進だったからね~」

千歌「うぅ……反省してます」

132: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:03:10.22 ID:pMhO7u1g

梨子「でもこうやって、4人で一緒に居れる今があるのは」

梨子「千歌ちゃんが諦めずに何度も向かってきてくれたからだよ」

梨子「すぐに愛想を尽かしてたら、私はきっと千歌ちゃんたちと仲良くなれなかったと思う」

千歌「うんうん。大切なのは過去じゃなくて今なんだよ!」

善子「ほんと調子良いんだから千歌ちゃんは」

ダイヤ「まぁ、それも一理あるわね」

ダイヤ「だからその“今”を謳歌してみるのはどうかしら?」

千歌「ダイヤちゃん?」

ダイヤ「あぁ、千歌ちゃん。わたくし、寒いわ。震えるくらい寒いわ」

千歌「え?大丈夫?風邪ひいた?」

ダイヤ「……貴女急に現実的になるのやめてちょうだい。恥ずかしいでしょ」

千歌「どういうことー?」

133: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:04:11.97 ID:pMhO7u1g

善子「……なるほどね」

梨子「そういうことね」

千歌「よっちゃん?梨子ちゃん?」

善子「あーヨハネも凍えるくらい寒いわねー。誰か凍結呪文でも使ったのかしら?」

梨子「私も寒いなぁ。体の芯から温まりたい気分」

千歌「どうしたのみんな急に。そんなに寒いならうちで……あっ!」

善子「もう、察しが悪いんだから」

千歌「でへへ」

134: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:04:53.43 ID:pMhO7u1g

梨子「懐かしい話をしたら、入りたくなっちゃったよね」

ダイヤ「いざ、裸の付き合いと参りましょうか」

善子「その言葉好きねダイヤちゃん」

千歌「よーし!久々に梨子ちゃんの柔肌を堪能するぞー!」

梨子「待って、目的がおかしいよ!?」

おしまい

135: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:05:21.32 ID:pMhO7u1g

初期設定2年生をすこれ
G’sのキャラで書くのは難しいですね…

136: ときめきたい名無しさん 2021/02/28(日) 16:09:01.40 ID:f16EsbdA

おつ
やはりG’s設定はいいな

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1614483942/

【Amazon.co.jp限定】LoveLive! Sunshine!! Kunikida Hanamaru First Solo Concert Album(メガジャケット付)

国木田花丸 (CV.高槻かなこ) from Aqours

ランティス

2021-03-04

Aqours

ランティス

2021-03-31

注目記事

関連記事

Let’s block ads! (Why?)


ソースサイト:よしまる


おすすめ記事