サムライ8が5巻で打ち切りになったけど他の人気漫画の5巻はどんな内容なのかというと・・・


fd




初心者も分かりやすいようサムライ8のの解説まとめてみたわ

八丸(主人公)とダルマ(猫の師匠)は星を守ることが目的
「パンドラの箱」があれば星の消滅を防ぐことができる
「パンドラの箱」は不動明王によって星を救う方法が封印されている
侍の体内には鍵(キー)があり、選ばれし7人の鍵によって「パンドラの箱」が開く

姫は「星の結晶」ともいえるロッカーボール(不動明王が作った小さな星)を見つけ、侍を作る(侍はサイボーグ 武士も出てくるがそいつらは人間)

姫1人に対して1人の侍が作られる
八丸の姫がアンである

キーホルダーは侍の相棒(相棒以上)
八丸のキーホルダーはニャンと鳴く犬
ホルダーの中にある「柄骨」を受け取るとホルダーは侍の「キーホルダー」となり特別な力を発揮する

侍のみぞおちには取り外し可能な「侍魂」がある
侍魂に柄骨を近づけて念じると刀になる

マンダラの箱は世界を滅ぼす力を持っている
こちらもパンドラ同様7つの鍵が必要
カーラ(もともと不動明王に仕えていた侍)は世界を破壊しようと鍵を探している

八丸の父は烏枢沙摩流(カーラ)に命じられてマンダラの7つの合鍵を作ったが、失敗して8つ目をつくってしまった
それが八丸である
8つ目を作ったことにより7つの合鍵は不完全な物となってしまったが、八丸の命を犠牲にすれば能力を発揮する
八丸がカーラに捕まれば世界が終わる

最終話では八丸は不動明王のロッカーボールへ行き、不動明王化してアタ(カーラの手下)と戦っていたが
八丸は時空を超越してH粒子となる
実は八丸こそがパンドラの箱であり、八丸の体にある7つの穴を通る光が7人の鍵の場所を示しているのだった

Let’s block ads! (Why?)


ソースサイト:pico


おすすめ記事