はじめの一歩:1286話、そろそろ木村のすげェ試合が見たいんですよ!


fd



木村が注目あびる回って超久しぶり!青木は最近あって目標も決まってるんだけども、木村…そろそろここで勝負決めてくれないと、次に進めないぞ…

ということで、はじめの一歩最新話の感想レビューですネタバレ注意してください

はじめの一歩:1285話、一歩が提案するその作戦…勝てんのかッッ : なんだかおもしろい

あまりにも辛い木村の姿を見ていたら、自分はどんだけだらけた生活してんだよオイ…と、リアルに激励を受けた気持ちでいっぱいです。まあそんな激励を受けた気持ちでありながらも行動に出ないのが、ここの管理人のクソッタレな部分といいますか…ということで、はじめの一歩

第1286話「あ!」

はじめの一歩:1286話_185929

はじめの一歩 1286話

なんつーサブタイ…!”あ!”…ってどういうこと!?…そう、木村のキメ技ドラゴンフィッシュブローの特徴が”あ!”なんです。

相手の意識してない攻撃だからこそ、防ぎようもなく受けたときにどんなに屈強な相手であろうともダウンは免れない必殺技であり隠し技。意識外からの攻撃の恐ろしさは、はじめの一歩でもよく見てた。大阪だとぬらりひょんがやられてたしね。

しかし、必殺技ではあるけども、使いどころが難しいのも事実。ちゃんと意識をズラさないと、ただの大振りのパンチ…威力低いロシアンフック…喜多の最終兵器イゴール・ボブチャンチンの劣化パンチ…。威力あればガード下からふっとばしても面白いだろうけども、別に木村はパワーあるわけではないし…。

あと、昔PS2のゲームやってたときにドラゴンフィッシュブロー使いまくってたらすぐバテちゃった…ドラゴンフィッシュブローってすごい疲れやすいパンチなんだろうし…。

ただ、今回の作戦は1Rで仕留めるというもの。それだけ体調が良くないわけなんだけども、プラスに考えれば力配分気にせずパワーで押し切ることもできる!ぶっちゃけ疲れは気にしなくてもOK!…と、プラスに考えてみたものの、よく考えてみれば、相手の意識をズラす作業をわずか1Rでしなきゃいけないという過酷さ。果たして木村は勝利できるのか…。

一歩の作戦、調子がよい…!?

…どうやら1R序盤の試合展開を見る限り、何も心配なさそうだ。1Rから一気に攻めているからとも思えるが、単純に実力差が出ちゃってる。これ木村負けんわ。そもそも対戦相手の名前ってなんだったっけ?ってなった時点で相手の負けですよ(自分が気づいてないだけかもだけど)

そして、何気に一歩のセコンドとしての能力の高さも際立つ!相手の動きをちゃんと見て、ちゃんと試合運びさせようと声を出している。大声が出せるっていうのもまた一つの大きな力…一歩は確実にセコンドとしての能力を開花させている…

はじめの一歩:1286話_185936

ダメなんかい!

セコンドが選手に合図や声援を送るのは原則ダメなんかい!知らなかった…みんなやってるからOKだとばかり思ってたよ一歩だけじゃなく自分も…。プロレスでいうところのパンチNGみたいなもんかな。やりすぎればアウトみたいな。でもまあ1発2発、いやいや5発くらいはOKみたいな。

ただまあ…一歩その辺のルールはちゃんと学んどけよバカタレ何回目だよセコンドやってるのはァ!これについては教えなかった篠田さんにも問題がある気がするが。

勝ったな…

とまあ、一歩のセコンド声出しができなくなった(やりづらくなった)ので指示が難しくなったけども、でも…この勝負、どう考えたって木村の勝ちでしょ?

はじめの一歩:1286話_185942

木村が青木を追いかける…これもまた一つの目標。間柴戦から気持ちがきれてしまっていたけども、ここへ来てようやく1つ、青木を追いかけるという目標ができた。フィリピンのエレキさんのときはあんまりモチベ高くなったのね…

ただ確かに間柴戦以降の木村にはどこか凄みを感じなかった。「はじめの一歩の中での名勝負は何ですか?」と聞かれて、一歩や鷹村より木村の間柴戦を上げる人も多いだろうに、これ以外の試合はまるで記憶にな…

ただこれで、木村の新しい戦いが見れるかもしれない…木村に期待しちゃうってマジでェ!俺たちは木村のすげェ試合が見たいんです!!!

いっけえええええええ木村さっさと勝負決めて世界でも戦える凄みを見せてくれええええええええええ!

はじめの一歩(126) (講談社コミックス)

はじめの一歩(126) (講談社コミックス)

森川 ジョージ

Let’s block ads! (Why?)


ソースサイト:zakuzaku911


おすすめ記事