【SS】彼方ちゃんの奮闘記【ラブライブ!虹ヶ咲】


fd



kanata_202001131053080df.jpg

1: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:46:06.04 ID:Csn4DtdY

それは、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会にとあるインタビューが訪れたことがきっかけだった──

──先日、初めて皆さんのソロ以外の曲が発表されましたね。『TOKIMEKI Runners』、とても爽快感のある素敵な曲ですが、ソロ活動から枠を拡げようと思ったきっかけなどはありますか?

せつ菜「そうですね、やっぱりメンバーが増えたことが大きかったんじゃないかと思います。今年度になって新たに編入してきたエマ・ヴェルデと、近江彼方が同好会へ加わったこと、それに個人的な決意のあったメンバーもいて、結束を固める意味でも──」

2: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:46:45.24 ID:Csn4DtdY

果林「せつ菜はすごいわね、あんな風にはきはきと喋れて」

しずく「そうですね。さすが注目度ナンバーワンのスクールアイドル、まだ二年生なのに部の代表として先頭に立つ姿がとても似合います」

璃奈「…しずくちゃん。あんまりそういう言い方、しない方がいいかもしれない」

しずく「え?どうしてですか?」

璃奈「ああなるから」

果林「注目度…ナンバーワン…」ムムー

しずく「あっ!?」

3: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:47:49.15 ID:Csn4DtdY

かすみ ウズウズ…

歩夢「かすみちゃん?」

かすみ「もう我慢できません!はいはいは~いっ、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会で一番インタビューすべき人がぁ、ここにいると思うんですけど~」

歩夢「だ、だめだよかすみちゃん。今せつ菜ちゃんがインタビューに答えてくれてるんだから」

かすみ「あーん、放してください~!かすみんの可愛いところいっぱいみんなに見てもらうんですぅー!」ジタバタ

歩夢「よ、よしよし。私はかすみちゃんが一番可愛いって思ってるよ」

かすみ「えっほんとですかぁ!?」パァ

歩夢「う、うん。だから、ね?もう少し大人しく待ってよ?」

かすみ「は~~~い♡」

4: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:48:25.69 ID:Csn4DtdY

ワイワイ…

彼方「ふわぁ…」

彼方 (なんでもいいから早くしてほしいなあ。知らない人がいると落ち着かなくてお昼寝できないよ)

エマ (とか思ってそうだけど、)

彼方 ウツラ…ウツラ…

エマ (そんなことないと思うよ、彼方ちゃん♪) ニコニコ

5: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:48:56.23 ID:Csn4DtdY

──では最後に皆さんの写真を撮らせていただけますか。

愛「おーっ、きたきた!愛さん写真撮るのとかめーっちゃダイスキ!ほらほらみんなせっつーの傍に寄って寄ってー!かなちゃんも寝てないで~」グイ

彼方「んん、彼方ちゃん寝てないよ…」

せつ菜「九人だとちょっと多いですね。何人かずつに分かれた方がいいでしょうか」

歩夢「それじゃ学年別なんてどうかな?」

愛「えー、せっかくだし全員で撮りたかったな。こうやってみんなオソロのポーズで、ビシッとキメちゃったりして!」ビシッ

6: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:49:26.70 ID:Csn4DtdY

果林「それじゃどっちも撮ればいいじゃない。九人全員と、学年別とで。ね、いいわよね?」

──は、はい!では先に学年別の写真を…

しずく「インタビューの方をも思い通りに頷かせる魅力、やっぱり果林さんは圧倒的ですね…」ムム…

かすみ「りな子が右でー、しず子が左でー、かすみんが真ん中ねっ♡」

璃奈「かすみちゃんにも予備の璃奈ちゃんボード貸してあげる。これでオソロ」スチャ

かすみ「ああーっ!?こんなの着けちゃったらかすみんの可愛い顔が写らなくなっちゃうー!」

7: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:49:57.40 ID:Csn4DtdY

エマ「ほら彼方ちゃん、まず学年別で撮るってよ」

彼方「結局何枚撮るんだろう。写真はキライじゃないけど、じっとしてると眠くなっちゃうんだよなあ」トコトコ…

──近江さん、こっちにいいですか。

彼方「え?」

歩夢「あれ?彼方さん、私たちと一緒に撮るんですか?」

8: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:50:34.34 ID:Csn4DtdY

彼方「?」キョトン…

──あ、あれ…すみません。もしかして…

──近江さんって、二年生ではないんですか…?

彼方「…………………へ………」

彼方「私は、エマちゃんと果林ちゃんと同じ三年生ですけど……」

──す、すみません!てっきり二年生だと思ってました。そうですよね、いちねん…あっ三年生ですか、失礼しました!ヴェルデさんと朝香さんと同じ、…三年生………あー……

9: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:51:10.26 ID:Csn4DtdY

──…………ではまず二年生から撮りますね。えー、優木さん、上原さん、宮下さんですね。こちらに…

彼方 ポカン…

彼方「なに?その感じ、彼方ちゃんが三年生だとなにか不都合でもあるみたいな、っていうか…」

彼方「彼方ちゃん、二年生だと思われてたの…?」

彼方「えええ~~~…」

***

10: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:51:41.52 ID:Csn4DtdY

***

彼方「よくないと思う」プゥ

果林「なに?わざわざ私たちだけ残して」

エマ「よくないって、なにが?」

彼方「彼方ちゃんが三年生らしくないみたいな風潮は、よくないと思うなあ」

エマ「へ?」

果林「ああ、気にしてたのね」

11: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:52:34.92 ID:Csn4DtdY

エマ「なにかあったの?」

果林「この前インタビューが来たでしょう。そのときのインタビュアーの人に二年生だと思われてたみたいなのよ、彼方」

エマ「えっ、そうなの…!」

彼方 ムー

果林「こうしてむくれてる様子を見ると、確かにらしくないかもしれないわね」

彼方「もう、果林ちゃんは三年生に見られるからって余裕ぶって」

果林「別に余裕ぶってなんかいないけれど…」

12: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:53:21.10 ID:Csn4DtdY

エマ「彼方ちゃんってそういうの気にするんだね、ちょっと意外かも」

彼方「知らない人から何年生だと思われててもどうでもいいっちゃいいんだけどさ、なんか…なんか…」

──ヴェルデさんと朝香さんと同じ、…三年生………あー……

──…………ではまず二年生から撮りますね。えー、優木さん、上原さん、宮下さんですね。こちらに…

彼方「なんだか納得できないんだよ~」

エマ「あんまり不満そうに見えないけど…」

果林「いいじゃない、学年の一つや二つ。若く見られる方がこの先は都合いいでしょ」

13: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:53:55.60 ID:Csn4DtdY

彼方「…………いーや、よくない」プン

彼方「よくないから、彼方ちゃんは考えました」

果林「考えたって、なにを?」

彼方「今日から彼方ちゃんは、三年生らしくなる。オトナらしくなるの…!」グッ

エマ「お、オトナらしく」

果林 (変なことにならないといいわねえ)

…………

……

14: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:54:55.65 ID:Csn4DtdY

かすみ「こーして、こーして、んん~~~こうっ!」タンッ

かすみ「キレた動きではあるけど、あんまり可愛くはないかなあ。かすみんらしくするならここでキュートに腰を振って、でもこれじゃ繋がりが悪いかな…」

彼方「だったら下半身の動きはさっきのままで両手をこうして顔の前に持ってきて、首をかしげてみるとか」スッ

かすみ「こ、こうですか?」

かすみ キャピッ

かすみ「わあ可愛いですぅ!やっぱりかすみんってば、どんな動きでも可愛くしちゃう天才で困っちゃう~!」

16: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:55:43.52 ID:Csn4DtdY

彼方「かすみちゃんは、とっても一年生らしくて可愛いよね~」

かすみ「ですよねぇ、彼方先輩わかってるぅ──」

かすみ「…」

彼方 ニコニコ

かすみ「ぎょえええええっ彼方先輩!?なななななんでここにいるんですか!?かすみんだけの秘密の練習場なのに!」

彼方「かすみちゃんがなにか悩んでないかと思って、彼方ちゃん様子を見にきたのだ~」

17: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:56:57.33 ID:Csn4DtdY

かすみ「は、はあ。今の助言はありがたかったですけど…じゃなくって!どうしてここにいるってわかったんですかぁ!」

彼方「? かすみちゃん、同好会に顔を出さない日とかお昼休みとか、一人で練習したいときはここにいるじゃん」

かすみ「ば…ばれてたんですか…!」ガビーン…

かすみ「みんなに知られてるとなると、いつ誰にかすみんの秘密のステップを盗まれるかわかんない。場所を変えなくっちゃ…」グヌヌ…

彼方「かすみちゃん、かすみちゃん」

かすみ「なんですか、今かすみんは秘密の考え事をしてる真っ最中なんですけど」

18: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:57:35.84 ID:Csn4DtdY

彼方「秘密の考え事なら口に出さない方がいいんじゃないかなあ。そんなことより、ねえねえ、彼方ちゃん頼りになるよね」

かすみ「頼りに…?」

彼方「彼方ちゃんがいてよかった~って思うこと、あるでしょ?」

かすみ「…」

──彼方「彼方ちゃんは後でいいよ~」フワァ…

かすみ (彼方先輩はそこまで積極的に前に出てこようとしないんだよね。スクールアイドルで一番を目指すー、とはよく言ってる気がするけど)

19: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:58:13.79 ID:Csn4DtdY

かすみ (二人組を組んだりするときも、彼方先輩が相方だったら私ばっかり目立てるかも??)

かすみ「はいっ、かすみん彼方先輩のこと大好きですよ。だからなにかあったら一緒に組みましょうね!」

彼方「おお!彼方ちゃんやっぱり後輩に頼られてる。これは、年上の風格…!」

彼方「ふっふっふ、この調子で私が三年生だということをみんなに改めて教えてあげないと。それじゃかすみちゃん、また後でね~」フラフラ…

かすみ「行っちゃった。なんだったんだろう…」

…………

……

20: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:58:38.46 ID:Csn4DtdY

彼方 トコトコ

彼方「お困りの一年生や二年生はいませんか~」

彼方「今なら近江彼方ちゃんが助けてあげますよ~」

彼方「この学校は広くて歩くの疲れちゃうなあ」

彼方「…ん?」

ひつじ トコトコ…

21: 輝きたい名無しさん 2020/01/12(日) 23:59:31.97 ID:Csn4DtdY

ひつじ「!」

ひつじ ジーッ

彼方 ジーッ

彼方「ひつじ、だ…」

ひつじ プイッ トコトコ…

彼方「酪農科のひつじかな。お散歩させるのはいいけど、なにも校舎の中で放さなくてもいいのに。自由だなあ」

彼方 トコトコ…

22: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 00:00:17.32 ID:diBPcMON

タタタタタ…

「きゃっ!」

彼方「うわあ、あぶない!」ガシッ

彼方「だめだよ~廊下を走ったら。こんな風にぶつかってケガしちゃうよ」

「ごめんなさい、少し急いでて…あれ、彼方さん」

彼方「む。よく見たら璃奈ちゃんじゃん」

璃奈「こんにちは。ぶつかってごめんなさい」ペコッ璃奈ちゃんボード『反省』

23: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 00:00:48.76 ID:diBPcMON

彼方「いいよ、いいよ。璃奈ちゃんもケガはしてなさそうだからよかったけど、人も多いから気を付けないとね」

彼方「ところでなにをそんなに急いでたの?」

璃奈「あっ、忘れるところだった。彼方さん、この辺でひつじを見ませんでしたか?」

彼方「ひつじ?見たよ。向こうに歩いていった。あんなにもふもふのひつじを抱いてお昼寝したら、気持ちい~だろうな~」ヘヘヘ…

璃奈「あれ、本物じゃなくて私の発明品」

彼方「えっそうなの」

24: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 00:02:23.64 ID:diBPcMON

璃奈「睡眠誘導波発生装置、その名も『夢見るシープくん1号』。2レンズ式の風景認識機能と色彩判定機能で視界を立体的に捉えた上で、自走機能も搭載してるから機械的な自立歩行が可能」璃奈ちゃんボード『得意気』

彼方「ゆめみるしーぷくん…」

璃奈「早い話が人を眠らせる機械。『夢見るシープくん1号』があれば不眠症も解消できるし、入眠が遅くて悩んでる人も一秒でぐっすり」

彼方「おお、それはなんとも彼方ちゃん向けな。貴重な休み時間は一秒でも長く寝ていたいからね~」

36: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:17:33.50 ID:2QlW9syH

璃奈「誘導波の強さを調整してる途中でちょっと目を離した隙に、牧草を探しにいっちゃったの。出力超強めにしてるから、誰かが浴びちゃったら大変なことになるかも」

彼方「それは大変だねえ」

璃奈「そう、大変なの」

かなりな「「………」」

彼方「捕まえないとまずいんじゃない?」

璃奈「追いかけてるところだった!!」ハッ

37: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:18:00.58 ID:2QlW9syH

璃奈「彼方さんはどの辺で見たの?」タタタ

彼方「ついさっき、ここの廊下ですれ違ったよ」タタタ

璃奈「だったらまだ近くにいるはず。早く捕まえないと被害が──」

死屍累々……… ※生きてます

かなりな「「あっ…」」

38: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:18:44.78 ID:2QlW9syH

璃奈「生徒の皆さんが倒れてる…」璃奈ちゃんボード『戦慄』

彼方「みんないい表情で眠ってるね~」ツンツン

璃奈「彼方さん、あれ」

彼方「んー?………お、ひつじだ」

ひつじ「…」

彼方「あれを連れてきたらいい?」

璃奈「待って」

39: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:19:12.21 ID:2QlW9syH

生徒「あー、ひつじだー。なんでこんなとこにいるんだろー」テクテク

生徒「可愛いね。迷子かな?小屋まで連れてこっか」テクテク

ひつじ プシュープシュー

生徒「」バタッ

生徒「」バタッ

40: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:19:52.06 ID:2QlW9syH

彼方「なんか煙みたいなのを振り撒きましたな」

璃奈「あれがいわゆる睡眠誘導波、吸い込むと眠っちゃう。見た感じ、人が近づいたのを関知して発生させてるみたい」

彼方「中に溜めてる分を全部吐き出したら落ち着くかな」

璃奈「睡眠誘導波は空気中の成分と内蔵の原料を掛け合わせて作る仕様で、原料は一年分蓄えてるから安心長持ち」璃奈ちゃんボード『ドヤッ』

彼方「つまり放っといても解決するどころか被害は拡がっていく一方ってことだね~」

璃奈「こんなことになるとは思ってなかった…」璃奈ちゃんボード『原料費がMOTTAINAI』

41: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:20:19.34 ID:2QlW9syH

彼方「うーん…」

彼方 スタスタ…

璃奈「彼方さん、近づいたら誘導波が出ちゃう」

彼方「って言ってもあのままにしておけないじゃん。まあまあ、彼方ちゃんに任せてよ~」

璃奈「…っ」ハラハラ

42: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:20:48.40 ID:2QlW9syH

彼方 トコトコ

ひつじ「!」

彼方 ジーッ

ひつじ ジーッ

彼方 ススス…

ひつじ ジーッ

彼方 …モフ

ひつじ「…」

43: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:21:16.46 ID:2QlW9syH

璃奈「ゆ、誘導波が出ない…!」

彼方 モフモフ

ひつじ「…」

彼方「はあ~もふもふしてて幸せだよ~」

璃奈「彼方さん、角の後ろにあるスイッチを切ってほしい」

彼方「おお、そうだったね。えーっとごめんよ」ゴソゴソ

彼方「これかな」カチ

44: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:21:45.10 ID:2QlW9syH

ひつじ「…」

ひつじ「zzz」

彼方「寝ちゃったみたい」

璃奈「すごい、ほんとに止めちゃった」タタタ

彼方「眠くなるやつ出さずにいてくれたからね~」モフモフ

璃奈「…ああ」

45: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:22:24.18 ID:2QlW9syH

璃奈 (彼方さんはいつでも眠いから、誘導波を出す必要がないって判断したんだ)

璃奈「その仕様に救われたけど、正直想定外。改良が必要」璃奈ちゃんボード『複雑な心境』

彼方「一件落着みたいだし、彼方ちゃんは行くね」ヨイショット

璃奈「また放課後に。でも『夢見るシープくん1号』は置いていってほしい」

彼方「ありゃ、だめか。抱き枕にいいと思ったんだけど、残念」ヘヘヘ

…………

……

46: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:23:02.48 ID:2QlW9syH

彼方「ふわあ…」

彼方「寝てる人たくさん見たしもふもふしたものも抱いたから、なんだか眠くなってきちゃった」トコトコ

彼方「彼方ちゃんの先輩らしいところをみんなに見せたいけど、お昼寝が先かな。眠いとパフォーマンスが落ちるからね~」

彼方「ってことで」

『保健室』

彼方「失礼しまーす」ガラ…

47: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:23:34.62 ID:2QlW9syH

彼方「あれ、保健の先生いないみたい。まあいいか、今日もベッド借りますよ~」ススス

彼方「…………むむぅ!?」

彼方「ベッドがみんな埋まっちゃってる…!」ガーン…

彼方「いつの間にかここまでお昼寝が流行ってたなんて、嬉しいことだけど。彼方ちゃんの使うベッドがなくなっちゃうんじゃよくないなあ」ムー

彼方「他にベッドがある教室なんかあったかな…」

「…その声は、彼方先輩?」

48: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:24:02.97 ID:2QlW9syH

彼方「ん?誰か呼んだ?」

「一番右です、カーテン開けていいですよ」

彼方「お、この声は」シャー

彼方「しずくちゃんもお昼寝してたのか~」

しずく「あはは…お昼寝、ではないんですけどね…」

彼方「体調よくないの?あんまり顔色が優れないように見えるけど」

49: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:24:35.95 ID:2QlW9syH

しずく「ここ数日、夜も演劇部の方のことを考えていて、お恥ずかしながら寝不足になっていたみたいで…」

彼方「それは大変な事態じゃん…!!」ショック

彼方「ああ、起きなくていいから。横になってないと」

しずく「すみません。ごはんも少ししか食べていなかったので頭もぼーっとしていて…」

彼方「大丈夫?無理せずに帰ったら?」

しずく「いえ、午後の授業でどうしても出ておきたいものがあるので、それまで休ませてもらおうと思って」

50: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:25:09.65 ID:2QlW9syH

彼方「身体あっての物種だよ~」

しずく「わかってはいるんですけどね。明日は土曜日なので、今日だけ無茶を見逃してください」ハハ…

彼方「そういうことなら止めないけど」

しずく「ベッドを明け渡せずに、すみません。他も埋まってるみたいですね」

彼方「そうなの。こんなに天気がいいんだから、みんな外でお昼寝したらいいのに。そして彼方ちゃんにベッドを譲ってほしいなあ」

51: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:25:41.53 ID:2QlW9syH

しずく「三十分くらい前かな、眠い眠いって呻くようにして、何人も保健室にやってきたんですよ」

彼方「…」

──ひつじ プシュープシュー

──生徒「」バタッ

彼方「戦犯は璃奈ちゃんとひつじさんだったか…」

しずく「璃奈さん?」

52: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:26:13.65 ID:2QlW9syH

彼方「ううん、なんでもないよ。休むの邪魔しちゃったみたいでごめんね」

しずく「いえ」フルフル

彼方「お昼寝できないのは残念だけど、彼方ちゃんは行くよ」トコ…

しずく「はい。また後で」

彼方「…しずくちゃん、お昼ごはんは?」

しずく「食べられなさそうだったので、保健室に来る前に友達に渡してきちゃいました」

彼方「そう…」

…………

……

53: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:26:46.63 ID:2QlW9syH

────

──

しずく「ん…」

しずく「もう少ししたら授業の時間だ…あんまり力が入らないけど、行かなくちゃ」モゾ…

しずく「!」

『しずくちゃんへ
おなかが減ってたら幸せな演技もできないよ。
かなた』

おにぎり チョコン…

しずく「彼方先輩…」

しずく「ありがとうございます」

モグ…モグ…

…………

……

54: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:28:48.20 ID:2QlW9syH

彼方「お昼寝しそびれちゃうなんてなあ」トコトコ

彼方「そういえばなんだか全然寝てない気がするけど、なんでこんなに歩き回ってるんだっけ…」

彼方「もう教室に戻って寝ようかなあ。それとも同好会の部室の方が落ち着くかな」

彼方「さすがに勝手にお家に帰るわけにはいかないもんね~」

愛「お、かなちゃんじゃーん。チッスー」バッタリ

彼方「愛ちゃん」

55: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:29:17.67 ID:2QlW9syH

愛「珍しいねー、今日はお昼寝してないんだ?」

彼方「彼方ちゃんとしては今すぐにでも眠りたいところなんだけどね…」

愛「あはは、だったら寝たらいいのに。変なかなちゃーん」ケラケラ

彼方「愛ちゃんもお昼休みに一人なんて珍しいねえ。お友達と遊ばないの?」

愛「あー、それがさ。ちょぴーっとだけ厄介なことに巻き込まれてる途中だったりして」タハハ

彼方「…?」

56: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:30:02.44 ID:2QlW9syH

愛「──ってわけでさ、喧嘩の仲裁してるんだけど。どうにも片方が愛さんの話を聞いてくれなくてねー。参っちゃってるってわけよ」トホホ…

彼方「なるほどー」

彼方「愛ちゃんは偉いねえ、お友達のためにお昼寝の時間も削って一生懸命になってあげるなんて」ウンウン

愛「私は普段からお昼寝しないからね。それよりも友達がこんな雰囲気じゃテンサゲだし、そっちの方が重要なんだよ~」

彼方「ふむ。だったらお困りの愛ちゃんのために、ここは彼方ちゃんが一肌脱いでみることにしよう」

57: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:30:31.04 ID:2QlW9syH

愛「へ?かなちゃん、なんかいいアイディアでもあるの??」

彼方「お話を聞いた感じ、お友達も意地を張っちゃっただけだと思うんだよ~。そこに喧嘩とは直接関係ない愛ちゃんまで入ってきちゃって、引くに引けなくなったんじゃないかな」

愛「そっか、愛さんが出てきたから余計に話がこじれたんだ…」

彼方「だからこんなときは、いつもと違うアプローチをしたらいいんだよ」

愛「いつもと違うアプローチ…?」

彼方「そう」

58: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:31:05.82 ID:2QlW9syH

彼方「例えば、う~ん…愛ちゃん毎朝電車で通学してるでしょ」

愛「うんうん」

彼方「今日乗った電車の色って、覚えてる?」

愛「色?えっと、ホームドア越しにしか見てないし、ってゆーか気にして見たわけでもないし、あれ~?普段どんな電車に乗ってるんだっけ」???

彼方「そうだよね、彼方ちゃんも覚えてないよ」

彼方「なんなら電車に乗ったことさえあんまり覚えてないもんね」

愛「眠りながら登校するんじゃない!そんなんじゃケガしちゃうぞ」

59: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:31:35.34 ID:2QlW9syH

彼方「でももし明日の電車が全面ピンクだったらどう?」

愛「それは超~~~テンアゲだね!片っ端からみんなにラインして、会う友達みんなに話しちゃうよ!」

彼方「そういうことなのだ」ウム

愛「どういうことなのだ?」

彼方「ここにおにぎりがあるでしょ」っおにぎり サッ

愛「かなちゃんいつもおにぎり持ち歩いてるの?」

60: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:32:02.26 ID:2QlW9syH

彼方「ううん、今日はたまたまね。さっき作った余りだよ」

愛「さっき作ったのかー」ホー

彼方「アルミホイルを剥くと、」

彼方「なんと、全面真っ黒のおにぎりが出てきます」

おにぎり テテーン

愛「海苔のいい匂いだね!」

61: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:32:35.50 ID:2QlW9syH

彼方「この黒さを利用して、お友達にサプライズメッセージを送っちゃうんだよ」

愛「おもしろそー!どうするの?」

彼方「家庭科室でサランラップを貰って、外側に黒のマジックでメッセージを書いて」

愛「ふむふむ」

彼方「そのサランラップで包んだおにぎりをお友達にあげると」

愛「あげると…?」

62: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:33:12.69 ID:2QlW9syH

彼方「おにぎりを食べ終わったとき、愛ちゃんのメッセージが現れる。そしたらお友達も驚いて反応してくれるはずだよ!」

愛「うわーっ、かなちゃん天才!ナイスアイディアじゃんそれ!」

彼方「えへへ~そうでしょ。遥ちゃんのお弁当にメッセージを入れたいときとか、たまにやるんだ~」

愛「なるほどなるほど、遥ちゃんへの愛が為せるわざだね」ウンウン

彼方「彼方ちゃんだけにっ☆」

愛「?」

彼方「?」

…………

……

63: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:33:54.58 ID:2QlW9syH

愛「あのさ、余計な口出ししてごめんね。これ、よかったら食べてよ」っおにぎり

友達「な、なに…?」

愛「じゃ、また後でね!」タタタ

友達「(愛のおばあちゃんのおにぎり美味しいし)食べるけど、なによ…なんなのよ…」ゴソゴソ

友達 モグモグ…

友達「………………!!」

『三人でカラオケ行きたいな 愛』

友達「………あたし、も…っ」グスン…

…………

……

64: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:34:29.38 ID:2QlW9syH

彼方「こうして彼方ちゃんは、お昼寝の時間も予備のおにぎりも失ってしまいましたとさ…」

果林「………えっそういう話?」

彼方「うん。歩くの疲れちゃったから戻ってきたんだよ~」

エマ「そうなんだ…楽しい一日だったみたいだね」

彼方「同好会の時間以外でかすみちゃんたちに会うのは、新鮮だし嬉しくなっちゃうね」フフフ

果林「それはそうよね。でも彼方、たくさん頑張ったじゃない。お疲れ様」

65: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:35:03.92 ID:2QlW9syH

彼方「これで彼方ちゃんが三年生だってこと、みんなにちゃんと伝わったよね………すやぴ…」

果林「そもそも私たちはあなたが二年生や一年生に見えるなんて言ってないんだけど、って寝てるし…」

エマ「でも果林ちゃん、彼方ちゃん本当に凄いね」

果林「ええ。自覚がないようだけど、今の話はみんな彼方だからこそできたことだもの」

66: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:35:42.40 ID:2QlW9syH

エマ「かすみちゃんの秘密の練習場所がどこなのかなんて知らないし」

果林「眠気を振り撒くひつじなんて捕まえられる気がしないし」

エマ「果林ちゃんはおにぎりなんて握れないし」

果林「海苔にメッセージを隠して伝えるなんて思い付かないし──って、おにぎりくらい握れるわよ!?」

エマ「えへへ、間違えちゃった。せめて眠るまで傍にいてあげるくらいで、わざわざおにぎりを握って枕元に置いておくなんてこと考えもしないもんね、って言いたかったんだよ」

果林「まったくもう…」

67: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:36:14.39 ID:2QlW9syH

果林「放課後まではまだ時間があるし、ゆっくり寝かせてあげましょうか。…ん?」

エマ「賛成。眠れなくてお疲れみたいだもんね。…ん?」

『歩夢:ちょっと困ったことになっちゃいました。誰か手が空いてませんか?』

『せつ菜:私も緊急案件です!このままでは放課後の練習に行けません~!!』

果林「これは…」

エマ「後輩ちゃんたち、ピンチの様子…」

エマかり ニィッ

68: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 07:36:46.45 ID:2QlW9syH

果林「エマはせつ菜を助けにいってあげて!」ガタ

エマ「うん!歩夢ちゃんの方は任せたよ、果林ちゃん!」ガタ

果林「彼方だけじゃなくて私たちも頼りになる三年生だってこと、見せつけてあげるわよ~!」

エマ「彼方ちゃんが起きたら話して聞かせてあげようね、私たちの活躍も!」

エマかり「「お~~っ!」」タタタタ…

彼方「むにゃむにゃ…彼方ちゃんが一番三年生なんだからね~」スヤァ

終わり

70: 輝きたい名無しさん 2020/01/13(月) 08:37:59.86 ID:1z1/GfnO

とてもよかったぞ

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1578840366/

【メーカー特典あり】 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ユニットシングル DiverDiva / A・ZU・NA / QU4RTZ (オリジナル収納BOX「QU4RTZ」リミテッド付)

DiverDiva

ランティス

2020-02-12

【Amazon.co.jp限定】ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 First Live “with You" Blu-ray Memorial BOX(完全生産限定) (オリジナル特典:ビッグタオル + チケットホルダー + A3クリアポスター + レザーブレスレット(フェイクレザー)付)

ランティス

2020-06-17

注目記事

関連記事

Let’s block ads! (Why?)


ソースサイト:よしまる


おすすめ記事