【画像】「サムライ8」1~20話までのあらすじ・設定まとめたwwwwwww


fd




ここまで来たなら義を果たしておこう

【11話】
・八八が「侍」になった「引力」を感知するニリ姫
(※「引力」という文字から「引き合う力」を連想しちゃうけど、「気」や「チャクラ」や「霊圧」みたいなものと認識した方が良さそう。10話でムジン様が「この星で一番強い引力を持っている」って表現されてたので)
・アタは元金剛夜叉流で、猫八の一番弟子
(※1話によると猫八は「夜叉様の一番弟子&金剛夜叉流二代目」。つまり夜叉様の一番弟子の猫八の一番弟子がアタ)
・猫八の元姫の名前が「バク姫」?
・アタ八は「この崩れた銀河を本来ある姿へと変える」「我々の計画」のために「鍵」である八八を狙っている
・夜叉流「仕込み斬り」で斬られた傷は修復に時間がかかる
(※ワンピのトラ男の「ラジオナイフ」みたいな?)
・アタいわく、「侍は不死身ではない」、気まぐれな「武神」に「見放され」ると散体してしまう
・父八ことフルタ博士はアタ八達の「計画を台無しにした裏切り者」で、アタ八達の組織は兵器の開発に父八を起用していたらしい
・父八の体のメカは「侍魂」の「消失装置」

(※「お前専用」は「アタの侍魂を消失させるためにピンポイントで作った」という解釈で正しいだろうか?
「お前を道連れにするため」という口ぶりからして、組織の人間中でもアタ八が八八を狙いに来るであろうという確信があった?)
・無意識にシールドを発動する八八
(※侍魂産かキーホルダー産か悩ましい、12話の描写を見るに小太郎の方の力?)

【12話】
特筆する新設定はなし。

【13話】
・「自性輪身」の状態のため「この程度の大気剣」にやられるアタ八

(※この星に来たアタ八は本体じゃなくて分身?ムジン様は本体と分身のどっちにやられたっけ…)
・「大気剣」は消耗が激しい技であるのか、この技ののち使用者はガリ八になる
・キーホルダーと侍魂があれば、非侍の体をも修復できる簡易的な治療装置がつくれる
・父八は烏枢沙魔流の元博士
(※流派とは単なる技の型だけではなく所属組織をもさすようだ)
・烏枢沙魔流の狙いは「合鍵計画」

【14話】
・八八は烏枢沙魔流が「合鍵計画」のために造りだした七つ子のひとり

・一八~七八は「マンダラの箱」を開けるための「7つの鍵」として造られたが、誤って八八が生まれてしまったために、「鍵」としての機能が果たせないでいる
・烏枢沙魔流の最終目標は「この崩れた銀河を本来ある姿へと変える」(12話)ことだが、そのためには「パンドラの箱」と「マンダラの箱」を開け「神」になる必要がある
・11話で登場した「バク姫」のほかに「ハンナ」という名前が登場

Let’s block ads! (Why?)


ソースサイト:pico


おすすめ記事